スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セパ交流戦2008 観客動員 

プロ野球セパ交流戦2008年の観客動員は
1試合平均 26,017人で、昨年より1.6%の微増でした。

☆主催試合の観客動員 1試合平均 (前年比)
1.阪 神 519,056  43,255 (-6.6%)
2.巨 人 491,803  40,984 (+0.1%)
3.福岡SB 397,577  33,131 (+1.0%)
4.中 日 382,247  31,854 (+15.4%)
5.日ハム 355,161  29,597 (+1.0%)
6.西 武 299,196  24,933 (+23.5%)
7.ロッテ 277,763  23,147 (-4.3%)
8.オリックス 248,774 20,731 (+1.8%)
9.楽 天 210,127  17,511 (-2.7%)
10.広 島 207,512  17,293 (+15.0%)
11.横 浜 184,062  15,339 (-2.1%)
12.ヤクルト 173185  14,432 (-14.4%)

セリーグ: 1,957,865  27,193 (+0.5%)
パリーグ: 1,788,598  24,842 (+2.9%)

阪神、巨人、福岡ソフトバンク という人気チームが上位を占めました。
最も増加したのが西武の+23.5%、最も減少したのがヤクルトの-14.4%
ということで、シーズンのチーム成績も左右するようです。
横浜が思ったより減らなかったのは横浜スタジアムの地の利でしょうか。
阪神が減少したのは甲子園球場改修で収容人数が減ったからだと思われます。

  にほんブログ村 野球ブログへ

2008 セパ交流戦終了 

プロ野球のセパ交流戦が終了しました。
勝率トップはソフトバンクと阪神が同率で並びましたが、
規定(昨年の順位)により、福岡ソフトバンクが初制覇しました。

☆順位表(勝-敗 .勝率)
1:福岡SB (15-9 .625)
2:阪 神 (15-9 .625)
3:日ハム (14-10 .583)
4:巨 人 (14-10 .583)
5:楽 天 (13-11 .542)
6:広 島 (13-11 .542)
7:中 日 (12-12 .500)
8:オリックス (11-13 .458)
9:ヤクルト (11-13 .458)
10:ロッテ (10-14 .417)
11:西 武 (10-14 .417)
12:横 浜 (6-18 .250)


最終日まで4チームが優勝争いする展開は見応えがありました。
昨年不振だった楽天と広島の健闘も目立ちました。

我が横浜は交流戦でも不振が続き、ダントツの最下位でした。
横浜には ぜひ交流戦新記録(最低勝率)をつくってほしかったのですが、
最後の(余計な?)3連勝で達成できませんでした。
なんだか負けっぷりも中途半端だなぁ!

  にほんブログ村 野球ブログへ

巨人が5年ぶりのリーグ優勝(10/2) 

<巨人5-4ヤクルト>◇2日◇東京ドーム
優勝マジックが「1」となっていた巨人は
ヤルクトの逆転サヨナラタイムリーエラーで、リーグ優勝を決めました。
なんだか今年のヤクルトを象徴するような終わり方でした。
3日のベイスターズ選手の目の前で胴上げというのもイイかな・・
と思ったのですが、先に決めてしまいました。

読売ジャイアンツ優勝おめでとうございます
今シーズンは大型補強が非常に有効に作用しましたね。
原監督は生え抜き選手も適度に起用してなんとかチームワークを保ちました。
投手陣がちょっと不安だという意見もありましたが、上手く乗り切りました。

071003h.jpg今朝の折込広告で優勝記念セールはイトーヨーカドーだけでした。ヨーカドーってどこが優勝してもやりますね。広告も小さいし、セール内容もしょぼいようです。
5年ぶりなのに、世間も静かです。
新聞各社の記事もさほど大きな扱いではありませんでした。
騒いでいるのは報知新聞だけのようです。

やはりリーグ優勝してもCSがありますから、喜ぶのはまだ早いというムードになるのでしょう。リーグ優勝といっても日本シリーズに出場しないと意味がありませんからね。
144試合もやったのに・・CSで2~3勝てばいいわけですから、レギュラーシーズンの価値はどこへ行ったのやら・・。

  にほんブログ村 野球ブログへ

為せば成る! 

プロ野球 『巨人 vs 阪神』3連戦は凄まじい試合でした。
後半戦に急上昇した阪神が巨人を3タテにして首位に立ちました。
試合時間は長くても3試合とも終始息つく間もないほどの緊迫感でした。
両チームともクライマックスシリーズ進出は事実上決まっている状態ですが、
そんなことよりレギュラーシーズンの1位を目指している意気込みが伝わってきました。
特に阪神・藤川投手の気力の10連投はその迫力に圧倒されました。


それに比べて広島vs横浜の酷いこと・・
投手陣のテンポが悪いからダラダラ・・チンタラと時間だけが長い。
自信がないから投球間隔が長いし、不必要な牽制が多くなるのでしょう。
横浜の横山なんか特にテンポが悪い。
あげくに牽制悪送球・・・
解説者も「こんな野球やっては客に失礼だ」といってました。
私も同感です。金を取るに値しない。
プロなんですから、自信がないなら引退してもらいたい。

選手は精一杯やっているのでしょうけど、
目標がないチームは気力も覇気も失せてますから
チンタラ・・ダラダラに見えてしまいます。
シーズン当初からCS狙いで(他チームの不調に乗じて)3位に滑り込もう
という魂胆では何をやっても無理でしょう。

もう「最後まで諦めない・・」なんて建て前はどーでもいいから、
来シーズンに向けた取り組みをしてもらいたい。


ところで、
『なせば成る』は今シーズンのベイスターズのキャッチフレーズですよね。

↓続きを読む

オールスター 2007雑感 

2007プロ野球オールスターゲームが終了しました。

●第1戦=セ 4-0 パ(東京ドーム)は投手戦といえば聞こえは良いが、
打撃陣が実力を披露できず物足りない感じでした。
セリーグ投手の一人1イニングは勝利には有効かもしれないが、
オールスターゲームでエース級投手のピッチングを披露する意味では
これも物足りない感じがする。
1イニングではファンが期待する対戦はなかなか実現しません。
この落合監督の采配は賛否両論あるでしょう。

●第2戦=パ 5-11 セ(フルキャスト宮城)は52年ぶりのデーゲームでした。
デーゲームではTVで観れる人は限られます。
仕方なく録画して帰宅後に見ました。
試合は8回表途中で降雨コールドゲームとなりました。
それで9回に登板予定だったファン投票選出の福盛は出番なし。
組織票で宮城を盛り上げようとした作戦にも水を差された感じです。
でも山崎選手のHRで楽天ファンも満足したかな。

それより両日ともTV中継が酷い!
試合中はゲストの会話や選手のインタビューばかりで、
肝心の試合をまともに映しませんでした。
出場しているのに殆ど映っていない選手もおりました。
感想や思い出話は何時でもできます。
対戦している投手と打者について実況・解説すべきでしょう。

通算成績は全セの67勝73敗8分けですが、ここのところ全セが6連勝です。
かつては人気のセ、実力のパ・・とか言われてましたが、
自由枠やFA制度で実力もセリーグに集中している感じです。

「2007ガリバーオールスターゲーム公式サイト」

↓続きを読む

プロ野球 オールスター2007 出場メンバー発表! 

プロ野球オールスターのファン投票最終結果が発表され、
本日は監督推薦分も発表されました。
出場選手の詳細は「2007ガリバーオールスターゲーム公式サイト」で確認してください。

ベイスターズからはファン投票で選ばれたのが2塁手の仁志選手だけ・・
まあ妥当なことだと思う。
監督推薦では木塚投手、クルーン投手、相川捕手の3名が選ばれました。
みなさん活躍できることを願っています。

ところで、パリーグのファン投票では12人中8人が楽天の選手でした。
今回は地元宮城で開催されるので、盛り上げたい気持ちは解りますが・・。
人気の無いチームで成績も良くないのに大量得票で選出されてますよね。
選出されなかったポジションでも殆どが2位で50万票前後入ってます。
まさにオールスターダストです。
妥当なのは、全国区の人気のマー君(田中投手)と好成績のDH・山崎選手の2人だけでしょう。

今までも多かれ少なかれ組織票らしきものはありましたけど、
今回ほど露骨なのは初めてです。
楽天グループが(投票に)協力したことも認めているようですし・・。
ハガキ投票では関連する宗教団体の応援があったかもしれません。
制度上、一人で無制限に投票できる仕組みですからね。
ネット投票でも登録して1日の投票回数を制限しても、一人が何人にも成りすますことは簡単です。
ましてやIT企業ですから、そんなのお手のものでしょう。

プロ野球ファンにも失礼だし、
なにより出る資格が無いと感じているのは選手自身ですからね。
実際に辞退をほのめかした選手も数人いたようです。
でも怪我・病気以外で辞退すればペナルティーを課せられますから出るしかありません。

とにかく、プロ野球ファンとして投票してもらいたいです。
自分は横浜の選手で投票したのは仁志選手だけですし、楽天では山崎選手だけです。

↓続きを読む

2007 セ・パ交流戦終了 

プロ野球セパ交流戦が終了しました。
日本ハムが初優勝。
横浜(3位)と楽天(7位)の健闘が目立ちました。
人気チームである阪神やソフトバンクの不振も続きました。

各チームの順位・勝敗・勝率は下記のとおりです。

1=日ハム・・・・18勝5敗1分 .783
2=巨 人・・・・15勝9敗 .625
3=横 浜・・・・14勝9敗1分 .609
4=ロッテ・・・・13勝10敗1分 .565
5=中 日・・・・12勝11敗1分 .522
6=オリックス・・12勝11敗1分 .522
7=楽 天・・・・11勝12敗1分 .478
8=ヤクルト・・・11勝13敗 .458
9=福岡SB・・・・11勝13敗 .458
10=阪 神・・・・9勝14敗1分 .391
11=西 武・・・・9勝15敗 .375
12=広 島・・・・5勝18敗1分 .217


今シーズンから同一カード2連戦(ホームとビジターで2試合ずつ)となり、
各チームの試合数が昨年までの36試合から24試合に減りました。
選手は移動が大変だったと思いますが、
この程度の試合数が妥当かなと思います。

我が横浜ベイスターズは好不調の波が激しかったですね。

↓続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。