Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「阪神に惜敗(9/3)」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神に惜敗(9/3) 

今日から場所を札幌ドームに移しての対阪神2連戦です。
本日の結果は3-4で横浜が負けました。先発の門倉が7回を投げ 被安打4ながら8四球で自滅しました。
打線は1-4でむかえた最終回に阪神の守護神Kを攻めて2点を奪い、さらに一死満塁のチャンスでしたが、佐伯が三振、続く多村も遊ゴロに倒れ(悪送球でしたがシーツがかろうじてタッチしてアウト) あと一歩及びませんでした。最低でも同点に追いついてもらいたいところでした。まあ今年の横浜打線には4番バッターがいないのですから どう嘆いても仕方ありませんけど・・。

阪神のJFKが予定通り登板し、あっさり完敗するかと思ったのですが、9回はちょっとだけ面白かったです。やはり野球には試合の流れというものがあって、それを止めると怖いことになる典型でしたね。9回表の阪神は無死1・2塁で鳥谷が送りバントが出来ず見逃し三振に倒れ、続くシーツの併殺打で追加点のチャンスを逃し、非常に悪い流れで最終回の守りにつくことになったからです。阪神は肝を冷やしたことでしょう。たとえリードしていても確実に勝利を手に入れるには、投手は無駄な四球を与えないこと、打者は攻撃の流れを止めないことですね。

今日も藤田一也がサードで先発出場しました。今日は2番でした。残念ながら安打は出ず、4打席目に代打(鶴岡)を出されてしまいました。昨日も今日も守備はなかなかセンスがイイようですね。代打で出場した内川も安打を放ちましたし・・・村田と内川は少しは危機感を持ったかな? ポジションは自ら奪うものですから、ベテラン組も含めて切磋琢磨してもらいたい。

■この試合では球審がカウントを間違える珍事がありました。
3回 佐伯選手の2打席目・・・カウント2-3から投げた球はボールの判定で、佐伯は一塁に歩きかけたのだが、球審は佐伯を打席に呼び戻し試合を続行した。実況のアナウンサーも「フォアボールです。あっ!失礼しました2-3です」といって誰も間違いに気づきませんでした。その後 佐伯は左前安打でした。
佐伯本人も田代コーチも実況アナも一瞬「あれっ?」と思ったようですが、審判が違うと言えば自分の方が勘違いかと思いますよね。試合展開に影響はなかったとはいえ、審判はしっかりしてほしいものです。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

珍事!! 2005/09/04 02:09:24 ◇ にたものの暮らし
球審がカウント間違い=横浜-阪神戦で珍事-プロ野球2005年9月3日(土) 19時1分 時事通信  3日、札幌ドームで行われた横浜-阪神19回戦で、上本球審がボールカウントを間違える「
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。