Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「斎藤隆・今期初勝利」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤隆・今期初勝利 

050819h1.jpg本日の中日 VS 横浜(名古屋ドーム)は1-0で横浜が辛勝した。

斎藤隆が8回を散発4安打無失点に抑え今期初勝利。
9回はクルーンが登板し、相手のスチール失敗などもあり1点を守った。
投手戦だか貧打戦だか拙攻だかよくわからない展開だったが、要所での粘りのピッチングが好結果となったようだ。
2回裏 二死満塁から井端のライトライナーを金城がダイビングキャッチしたのが大きかった。
あれが抜けていれば3点を失うところだった。
4回裏には毎度お馴染みの村田の失策の後 中前安打を多村の緩慢な返球で無死1・2塁となったが、斎藤が後続を断った。
8回表 二死1塁で相川が2塁打を放ったが、走者の村田を3塁で止めてしまい次打者が斎藤隆・・・当然代打の場面であったが、牛島監督はそのまま斎藤を打席に立たせた。結果は投ゴロで無得点・・なんとか斎藤隆に1勝をという親心なのでしょう。
これで もし負ければ、また一部のファンから監督の采配批判が盛り上がったことでしょう。
ヒーローインタビューでも触れてましたが、よく親心に応えて無失点で投げきりました。
こういう1点を争う展開ではちょっとしたミスが致命傷となりますが、そういう場面を粘って乗り切ったのが勝利に結びつきました。
9回に佐伯の内野安打で決勝点が入ったのも中日の投手がベースカバーに遅れるという凡ミスでした。

中日3連戦の頭を取ったのは良かった。
これで懸念されていた3タテは免れたわけですから・・少なくともあと1勝して勝ち越してほしい。
あと、村田は気合入れんとイカンよ! 三塁手は打ってナンボのポジションですから ある程度の失策は許容範囲なんでしょうが、痛い失策が目立ちます。
それに打撃も粗くなってますよ。大事な場面での走塁も遅いし・・。
このままじゃ“打てない・走れない・守れない”の三拍子揃ったダメ男になっちゃいますよ。
でも気合入れすぎるとリキんじゃいますから平常心で頑張ってね!

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

クルーンと相川 2005/08/20 00:52:28 ◇ スポーツつれづれ観戦日記
 クルーン投手がマウンドに上がって、必ずすること。 相川捕手とゲンコツを軽く合わせ、続けて互いに相手の胸を拳で軽く「トン」と叩く。 「気合い入れていこうぜ!」といった感じで。 僕はこの「儀式」がとても気に入っている。 本日のドラゴンズ戦は、スカパーにて途
待望の勝ち星 2005/08/20 06:32:15 ◇ そこで馬が走るかぎり
斉藤隆 遂に今シーズン1勝目!ずっと好投してくれてましたから・・・本当に勝ち星がついて良かったヽ(´∀`*)ノ8回に打順が回ったときは昨年の「バッター、マレン」の衝撃再び!? かと心配しましたけど牛島監督の気持ちのこもった采配に 皆が応えました中日3連戦の緒戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。