Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「ハマの4番・佐伯貴弘」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマの4番・佐伯貴弘 

横浜は前半戦を貯金1で折り返すことになった。ここ数年と比較すれば なかなか頑張っているといえるだろう。しかし、5割ラインを行ったり来たりで、なかなか波に乗れないのが現状で、不満に思っているファンも多いことでしょう。

チームが不調だと、ファンはすぐに監督批判を始めたり 成績不振の選手を叩いたりしますよね。自分が監督になったつもりで批評しますからね。さらに今年は4番叩きも盛況ですね。ハマの4番は佐伯貴弘です。今年の佐伯の成績は確かに不振です。佐伯は本来は5番か6番あたりで力を発揮するタイプだということはファンであれば知っているはずです。期待したウィットがダメだったし、代わりのスケットも獲得しなかった・・・そこで誰かが4番の責務を担わなければならないのです。それはベテランの佐伯以外にいないのが現状です。

多村とか古木という声もあるようですが とても無理です。古木は打撃の欠点が大きく 守備は内外野とも論外ですから、とても常時スタメンでは使えません。精神的にも耐えられないでしょう。本気で守備練習しているのかも疑問です。 多村は成績的には良いですが、肉体的にも精神的にも弱すぎます。監督にとってもチームメイトにとってもファンにとっても 一番信頼できないのは怪我や故障の多い選手です。4番が些細な理由で頻繁に欠場すればチームは成り立ちません。色々な言い訳で休むというのは なにより精神的に弱い証拠です。4番打者になるには多村自身の意識改革が必要でしょう。

応援席では、スタメン発表で佐伯がコールされると「最低の4番・・」と叫ぶ者がおります。さらに最初の打席で「代打 古木!」・・。
鈴木尚や斎藤隆が登場すると「楽天へ行け!」・・・本当に悲しい光景です。もちろん一部の者ではありますけど、汚い野次は目立つんです。

チームが不振の時はどのファンも不満を持っているのは事実でしょう。ファンにできることは・・・不振の時こそ声援を送ればイイんじゃないかな? しかし、罵声を浴びせることしかできないファンが増えているのは残念です。罵声を浴びせたところでどうなるものでもありませんよね。選手と良識あるファンが傷つくだけです。罵声を浴びせることでストレスを発散させているのでしょうけど、監督や選手の気持ちもわかろうとせず、罵声を浴びせる姿を見ると哀れに想えます。そういうのはファンと言えるのでしょうか? にわかファン、騒ぎたいだけのファン、熱狂的ファン、優しいファン・・・色々なタイプの観衆がいるのも自然なことなのでしょうけど・・。

98年の優勝以降ファンの質が変わったようです。もちろん大洋時代のように何でも暖かく見守るという姿勢だけが良いとも思いません。紳士的で優しいファンが大洋時代の“ぬるま湯体質”をつくった一つの要因だったのかもしれません。時には厳しい意見も必要でしょう。状況に応じて叱咤・激励するのはよいでしょう。ただ叱咤にはチームに対する愛情がなければなりません。今のベイファンの野次にはチームへの愛情とか相手チームへの敬意の念が感じられないのです。

チームやファンを誰よりも愛する佐伯選手は、様々なファンの気持ちがよく分かるのだと思います。心無い野次も大きな器で受け止めてくれているのです。チームのためファンのために一人で憎まれ役を引き受けているのです。佐伯もその役は自分しかいないことを自覚してますし、牛島監督も佐伯以外にはいないと言っています。

牛島監督は1番石井と4番佐伯は変更する気はないらしい。ちょっと結果が出ないとすぐにオーダーを変えて日替わり打線にしてしまう監督もおります。その時点で一番成績が良い者を4番に据えるのなら素人でも監督ができます。チーム編成は成績以上に精神的なものが大きいのです。先ずはディフェンスを重視し、チーム事情も考慮して 安易に信念を変えない牛島監督は なかなか立派だと思います。

今年はどんなに不満でも現在のメンバーでやるしかないのです。今年の4番は佐伯以外にはいません。来年は・・・外国人スケットに頼るか他チームから4番経験者を大金を出して獲得するしかないのかもしれません。いずれにしても親会社の考え方次第でしょうけど、牛島監督の意向がどこまで反映されるのか・・。
1年目は、先ず投手力の整備と守備を重視したディフェンス面から改革にとりかかり成果が出てきています。来年からは攻撃面も改革しなくてはなりません。牛島監督の手腕に期待しています。


ところで、佐伯といえば尽誠学園時代は伊良部投手の1年後輩で宿舎では同部屋だったというのが妙に面白いですね。個性の強い先輩ですから 色々と苦労したんじゃないかな? また佐伯選手は母子家庭で育ち、子供の頃の夢は「プロ野球選手になって母に楽をさせてやりたい・・」ということだった。 夢をかなえたんだね。
ハマスタには かなり前から年間シートを買い取った佐伯シートというのがある。そこに母子家庭の子や児童施設の子を招待している。そこで試合前に佐伯選手がサインやグッズをプレゼントしているのを見たこともある。多村シートのように球団ぐるみで宣伝するのもよいですけど、陰でひっそりと慈善活動をしている選手というのもイイじゃないですか。
球団に対して入場料を下げるように要求したのもファンの気持ちがわかるからでしょう。入場料については別の機会に書きたいと思いますが、庶民の娯楽にしては今のハマスタの入場料は高すぎますから・・。

050617s.jpgファンからの佐伯コールに対しては どの選手よりも丁寧に頭を下げる姿勢にも好感が持てます。
佐伯選手を叩く者がいる一方で、今でも佐伯ファンは多いですよね。応援席では背番号10 佐伯のレプリカユニを着て応援するファンも多いようですし・・。もちろん私も応援しています。
ガンバレ!佐伯


人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします

スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

『』
競馬と横浜ベイスターズが好きな 古木33 と申します。はじめまして。佐伯、最近ようやく調子をあげてきましたね。多村が復帰すれば今より負担も軽くなるでしょうし、後半戦の活躍を期待したいです。
これからよろしくお願いします。
2005/07/21(木) 23:48:31 | URL | 古木33さん #jUIobi7c[ 編集]
『』
>古木33さん こんにちは。
そうなんです。多村が復帰すれば相手バッテリーに与える影響もかなり違ってくるでしょう。それには多村に活躍してもらわないといけませんよね。
それと村田、古木、内川らの若手も奮起してもらわないと・・。
2005/07/22(金) 03:44:09 | URL | AlleyCatさん #hqUzsKcQ[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。