Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「金城 サヨナラホームラン」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金城 サヨナラホームラン 

7/14 横浜6-5広島, (横浜スタジアム)
勝:クルーン(2勝0敗14S)、負:高橋(0勝2敗0S)
本塁打:[横浜] 佐伯8号ソロ、金城5号ソロ
050714a.jpgシーソーゲームとなり 5-5の同点でむかえた11回裏 この日 5打数ノーヒットだった金城がセンター左へサヨナラホームランを放った。

前半戦 本拠地最後となる試合で広島を3タテにし、チームは4連勝で5割復帰。順位も3位に浮上した。

050714b.jpg
ヒーローインタビューは もちろん金城

先発の斉藤隆は不安定な立ち上がりを攻められ失点したが、何とか6回を失点4 自責点2で勝ち投手の権利を得てマウンドを降りた。全盛期に比べると衰えた感は否めないが、投球術を駆使して まだまだ活躍してほしい。

試合は延長戦で劇的な幕切れとなったが、守備の乱れがなければ楽に勝てたと思うし、10回1死満塁の場面で犠牲フライも出ずサヨナラのチャンスを潰した。いつもなら この後あっさりと得点されてしまうパターンだったが、相手が最下位の広島ということで元気がなかったのが幸いした感じだった。

今日の勝敗も昨日同様に良くも悪くも守備がポイントとなった。1回裏の広島は投手の暴投で2者生還させてしまった。横浜も5回表の守備でレフト古木がハーフライナーをワンバウンドさせてしまい更に後ろに逸らして2塁打にしてしまった。その後3塁村田が平凡なサードゴロを悪送球して2点を失い同点になった。両チームの拙い守備と対照的だったのが 途中からレフトに入った南竜介だ。9回表二死1・2塁からのレフト前ヒットを強肩を生かした鋭いバックホームで仕留めた。この南のプレーがチームを負けから救ったといってよいだろう。

村田の失策は毎度のことだけど、バッティングを買って(まだまだ粗いが・・)の起用だから ある程度は許容範囲なのでしょう。昔から三塁手は打ってナンボのポジションですから・・。
それにしても古木の守備は一向に上達しませんね。毎年指摘されているのに練習しているのか疑問だ。下手すぎると記録上は安打となりエラーも付かないんですよね。内川の外野守備もいつもハラハラして見てますけど、これは急造だから仕方ない面もありますけど、古木は一応外野手(内野守備はもっと酷い)ですからね。古木のバッティングはパワーは魅力ありますけど、バットのヘッドが下がっちゃいますから内角高めが打てないという弱点を克服できていません。守備も打撃も問題ありではスタメンでは使えませんよね。小池がスタメンで出場するのはバッティングの他に守備が優れているからでしょう。南は守備は良くてもバッティングはまだまだだし、今日も送りバントを失敗(記録は野選)してましたし・・。とにかく若手はもっと がむしゃらになってほしいです。

050714d.jpg
今日は内野自由席で観戦しました。いつものように ライトスタンドと1塁側内野自由席は立見が出るほど満杯でした。しかし、指定席エリアは これもまた いつものように空席が目立ちます。もっと多くの人に見に来てほしいですね。レフトスタンドは8割程度の入りで、この日も広島のスクワット式応援は元気でした。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします

スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

7/14 やったね! ベイスターズ対広島戦3 2005/07/15 11:34:38 ◇ ベイスタ☆ファンの日記帳
本日の試合は6対5でサヨナラ勝ちでした。こんにちは。三浦大輔です。今日の試合を見て若手のやらかし守備に涙が出そうになりました。そして、金城のサヨナラHRには涙がでました。思いっきり結果オ-ライの試合。5回の表に未来の主砲二人のやらかし守備が無ければ、もっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。