Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「三浦大輔 気迫の完封勝利」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦大輔 気迫の完封勝利 

7/13 横浜2-0広島, (横浜スタジアム)
勝:三浦(4勝7敗0S)、負:デイビー(2勝2敗0S)
三浦が無四球完封勝利を成し遂げた。デイビーとの投手戦となったが、守備の乱れが明暗を分けた。広島は8回裏 佐伯の1塁ゴロで併殺のシーンで遊撃手が1塁へ悪送球して1点を失った。その後に代打 鈴木尚のショートゴロも先ほどの失策の影響なのか慎重になりすぎて内野安打にしてしまい2点目を失った。デイビーはベンチでグラブを投げて悔しがっていた。その前に横浜も8回表の守備で村田がバント処理でエラーをし 無死1・2塁のピンチとなったが、三浦が気迫のピッチングで走者を進めることなく3者を打ち取った。
2点をもらった三浦は9回も3者凡退に打ち取りゲームセット。横浜は広島に連勝し、借金は1に減った。

橋本真也さんに捧げる勝利
三浦投手はいつも気迫のピッチングなのだが、この日は一段と気合が入っていた。この日の三浦は鈴木尚典と共に登場曲を 一昨日亡くなったプロレスラー橋本真也さんの入場テーマ曲に変更していた。プロレスファンの三浦と鈴木は橋本選手とも親交があった。彼の若すぎる死の悔しさに想いを込めたピッチングだったようだ。ヒーローインタビューでも彼のために気合を入れたことを語っていた。

今日の試合時間は2時間19分の短さだった。両チームの投手が素晴らしいと試合がテンポよく進行しますね。明日も勝って借金返済したいところです。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。