Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜 →  「『象の鼻パーク』 オープン」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『象の鼻パーク』 オープン 

横浜開港150周年記念事業の目玉でもあった象の鼻地区の整備が終了し、
6月2日の開港記念日に 『象の鼻パーク』 としてオープンしました。
以前は関係者以外立入禁止だった区域も市民の憩いの場になりました。
090602h21.jpg
090602h22.jpg
■象の鼻防波堤・・・
東波止場(イギリス波止場)が元の象の鼻状態に復元されました。
ちょっと立派すぎる感じもしますが・・。
今までは「象の鼻」というのは東波止場の通称名だったのですが、
今回の公園化により案内図にも「象の鼻防波堤」と記されています。
090602h23.jpg 090602h24.jpg

東西上屋倉庫が撤去され、広大な石畳の広場になりました。
これで日本大通りは障害物が無く横浜公園から横浜港(象の鼻)まで結ばれました。
赤レンガパークから大さん橋への歩行コースもちょっと近くなりました。
090602h25.jpg 090602h26.jpg

象の鼻地区・・・
ここが横浜港の原点です。
整備前はかつての荷揚場としての役目を終え、作業船の船溜まりになっていました。
今回の整備で一般の人も自由に出入りできる新たな観光スポットになりました。
新たに観光船が発着する桟橋も出来ていました。
以前の東西倉庫など雑然としたレトロな雰囲気も好きだったのですが、
観光地でもありますから、綺麗に整備することも時代の流れなのかなと思います。
車両の回転台や関東大震災で沈下した防波堤跡などの遺構は展示保存されています。
090602h27.jpg 090602h28.jpg

先日マリンタワーも新装オープンし、本日の「象の鼻パーク」のオープンで開国博も本格的になります。
090602h29.jpg 090602h30.jpg
本日はベイサイドエリアでは開港記念のイベントがあり、
夜には花火があるので 取材するマスコミが多かったです。
自分は残念ながら仕事があるので式典などは見れませんでした。

↓整備前の様子
☆横浜港「象の鼻」再整備 (2006/3/2)

↓よろしかったら、クリックをお願いします
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ ←にほんブログ村
 ←人気ブログランキング
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。