Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  野球 →  「日本、韓国を下し1位通過で準決勝へ/WBC」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本、韓国を下し1位通過で準決勝へ/WBC 

WBC2次ラウンド1組の第6戦(順位決定戦)韓国vs.日本がペトコ・パークで行われ、日本が6対2で韓国に逆転勝ちを収めました。
これで日本は1組1位となり、23日に行われる準決勝第2試合で、2組2位の米国と対戦することが決定しました。

3/20 韓国 2-6 日本 (ペトコ・パーク)
勝:涌井  負:呉昇桓 S:-
本塁打:[日本] 内川1号  [韓国] 李机浩3号
投手:[日本] 内海、小松、田中、山口、涌井、馬原、藤川
    [韓国] 張ウォン三、李承浩、李在雨、呉昇桓、金廣鉉、林泰勲


お互いに準決勝進出は決まっているわけだが、日本は韓国に負け越しているので、プライドとして負けが許されない状況でした。
7回までは重苦しい雰囲気でしたが、やはり投手陣が踏ん張ったことが勝利に結びついたと思います。
打撃陣では青木の活躍が目立ちました。内川の同点弾も大きかったと思います。
残念なのは村田が4回に安打を放った直後に太ももの肉離れを起こして離脱したことです。代わりに広島の栗原が召集されることになりました。

不振のイチローは最終打席に2塁打を放ち得点に結びついたが、昨日と同様に勝利がほぼ決まって気楽な場面でやっと出た安打でした。苦しい場面での好機では今日もブレーキになりました。トップバッターとしてはいまだに機能していないし、原監督は彼に(遠慮して)送りバント等のサインは出せないようですし・・・打順下げたりスタメンを外すこともできないし・・。本人が一番辛いでしょうけど、チームとしても困ったことです。チーム全体で彼の不振をカバーしなければなりません。

なんだかんだ言っても準決勝まできました。もうひとガンバリです。

★ワールド・ベースボール・クラシック (NPB公式サイト)

↓よろしかったら、クリックをお願いします
 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。