Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  野球 →  「日本、韓国に敗れ2敗目/北京五輪野球」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本、韓国に敗れ2敗目/北京五輪野球 

北京オリンピック野球1次リーグで、日本は韓国に3-5で敗れ 2勝2敗となりました
日本は6回に新井の2ランで先制したが、7回に李大浩の2ランで追い付かれ、9回に岩瀬が打たれ守備の乱れもあり3失点。その裏1点を返したが及ばなかった。

絶対に負けてはいけない相手に負けてしまいました。
技術面がどうこう以前に最初から気迫で負けていた感じです。

短期決戦で打線が沈滞ムードなのが致命的です。
チャンスはあっても、あと一本が出ない・・。
今のところ、頼りになる打者が一人も見当たらないです。
今日も最終回に1点取って、さらに無死2・3塁だったのに後続が凡打で無得点でした。
最低でも同点は期待しますよね。
(星野監督的には)ベストメンバーのはずだったが、
壮行試合から歯車が狂ったまま修正しきれていない感じです。
先発の和田は良かったのだが、得点した直後の先頭打者への四球がダメでした。
野球の試合には流れというものがあり、ちょっとした隙で流れが相手に行ったり自分のほうに来たりします。
互角の展開でやっと先制した直後の守りで、一番やってはいけないのが先頭打者への四球です。
それで自分のほうに傾いた流れが一気に相手に行ってしまいました。
野球を知っている者であれば、あの四球は誰しも嫌な予感がしたと思います。
結果は予想通り、次打者が同点2ランでした。
星野監督も試合後のインタビューで、あの四球で(和田を)代えてやるべきだったと言ってました。

短期決戦の大一番で隙やミスをしていたのでは勝てません。
いつまでも国旗を背負うプレッシャーとか言っている場合ではありません。
プレッシャーは相手も同じです。
五輪の金メダルが簡単ではないのは十分にわかっているはず。
監督好みの選手を集めて、コーチ陣も友人なのですから、
「結果が出なかった」 というのは許されないわけです。

壮行試合の惨敗で、
「北京ではこのような無様な試合は絶対にしない・・」と明言しましたよね。
でも今日の韓国戦は無様でしたよ!

今日は怪我で試合に出られない川も頭を丸刈りにしてました。
今後もさらに丸刈りが増えるのか?
丸刈りブームが話題になるようじゃ情けないから、
残り3戦全勝して一次リーグは突破しましょう。
アニマル浜口でも連れてきて「気合だ!」100連発でもやってもらいましょうか。

次は18日のカナダ戦です。
中一日、深呼吸(空気汚いが)して、気を取り直して挑んでください。

がんばれ!ニッポン

 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。