Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「横浜 VS 巨人 (6/23)」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜 VS 巨人 (6/23) 

6/23 横浜2-14巨人, 勝:工藤(7勝3敗0S)、負:セドリック(5勝4敗0S)
本塁打:[巨人] 高橋由 10号2ラン、阿部 14号2ラン、[横浜] 相川 4号ソロ

050623as.jpg交流戦後の最初のカードである巨人戦も2連勝して単独2位に浮上したが、この日は3タテとはならず大敗した。先発セドリックが序盤から大乱調で佐伯の失策も重なり、3回先頭打者に死球を与えたところで那須野に交代した。2番手の那須野も8失点の大乱調で試合にならなかった。
巨人の先発 工藤は丁寧すぎるのか制球が今ひとつだったが大量点に守られ横浜打線の拙攻にも助けられながら5回を投げて勝ち投手となった。
今日のヒーローインタビューは大活躍の高橋由伸選手でした。


当方は3日ほど関西に出張しており、今日の帰りにハマスタ外野席で観戦しました。雨が心配だったけど、少しパラつく程度で試合や観戦に影響はなかった。草薙と昨日のハマスタで2連勝したので、3タテは多分ないだろうと思っていたら予想通りだった。今年の横浜は今日の負けを入れても巨人に7勝2敗と相性がイイ。しかし、自分は巨人戦は今年2回目の生観戦だったが、2回とも負けてしまった。前回の負けも高橋由に決勝HRを打たれたんだよね。
050623bs.jpg
それよりセドリックはストライクが入らず、仕方なくカウントを取りに行くと打たれるという典型的な自滅パターンでした。投手のリズムが悪いと野手の失策が出るというのも典型的でした。あれだけイラつくと立ち直りは不可能ですから3回での交代もやむをえないところです。降板してベンチで暴れてましたね。思い通りの投球ができないところで味方の失策が重なると審判まで敵に見えてくるのでしょう。頭を冷やして次回の登板に備えてほしいですね。
先発が崩れても先日の加藤のように2番手が好投すれば逆転も可能なのですが、今日の那須野は覇気がなく試合を完全に壊してしまった。その後、秦、龍太郎が登板したがこちらもパッとしなかった。那須野・秦・龍太郎の3人は先発枠を競い合っているのだから、どのような場面でも首脳陣にアピールするようなピッチングをしてもらいたいものだ。とりあえず那須野はシーレ行きですかね?

050623c.jpgそれと今日は「TBSナイト」ということで色々な企画があった。番組グッズの抽選には当たらなかったが、入場者全員に配られた「ホッシー&ブーブ」のピンバッジはなかなかイイ!
だけどクルーンの160K企画はうるさいよね。結果として160K出ればすごいと思うけど、本人も言ってるように球速を目的にやってるんじゃなくチームの勝利が第一だからね。スピード出すとコントロールが悪いのは本人もファンも知ってるから・・・営利目的の周囲が期待しすぎるとやりにくいよねえ。そもそも抑え投手は試合展開で登場する場面が限定しますよね。結局TBSが放送した3連戦では一度も登板せず、企画倒れだったようです。

人気blogランキングへ
 ↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

6/23 残念! ベイスターズ対巨人戦3 2005/06/24 20:24:48 ◇ ベイスタ☆ファンの日記帳
本日のベイスターズ対巨人戦は2-14で敗れました。巨人戦2勝1敗で良しとしましょう。はぁ~ {/hiyo_shock2/} 巨人に負けるときはこのような試合展開でしょう。 先発が崩れ、その後育成中の若手ピッチャ-が炎上し、大差で負ける。セドリック投手が早い回でKOされたと
キーワードは「世界陸上」 2005/06/24 22:33:48 ◇ クレオの今日の出来事
nikkansports.com  > プロ野球 > 横浜対巨人今日のベイは対巨人戦@横浜スタジアム。結果は、無残にも2-14で完敗◇ ベイの先発はセドリック。味方のエラーがあったとはいえ、3回もたずにKO。更に、    スクランブル登板した那須野が火に油を注ぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。