Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「連夜のサヨナラ」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連夜のサヨナラ 

横浜ベイスターズは昨日は佐伯のサヨナラ本塁打・・
そして今日は仁志のサヨナラヒットで劇的な幕切れとなりました。
投手では昨日は工藤、そして今日は三浦が奮闘しました。

ベテラン選手の活躍はファンとしても嬉しいのだが・・

投手も野手も若手が全く成長しないのが気がかりです。
てゆうか今年ムラなく活躍しているのは仁志と佐伯の二人だけです。
仁志は期待通りの活躍です。
佐伯は大矢監督の当初の構想では代打要員だったはず。
他は若手、中堅、ベテランがそろって不調です。
特に期待が大きい村田と吉村の不調はかなり痛い。

昨年、佐伯が4番で不調だったときは野次・罵声の嵐でしたが、
村田の場合はファンも我慢して見守っている雰囲気です。
村田は将来性を見込んでの4番で、
今は経験を重ねる時期だと思うからファンも我慢できるのでしょう。
しかし、村田はそんなあたたかいファンの姿勢に甘えてはいないだろうか?
佐伯は責任感でチームを一人で背負っている悲壮感があったのだが、
村田にはそんなものカケラも感じられない。
佐伯は今でも誰よりも早く来て練習をしているらしい。
選手の鑑だと思うが・・・
結果を残していない若手こそ佐伯よりも早く来て練習すべきではないのか。

大矢監督のスタメン起用とか代打起用をみていると
いまだに鈴木尚の復活を信じているようですね。
チームは(予想外に)そこそこ勝利を収めているものの、
大矢監督の描いていたものとは何か違うのでしょう。
だから勝利監督インタビューの表情でも輝きが薄れてきている感じです。

なんだかんだ言っても、不思議と単独3位をキープしています。
こんな貧弱打線で結局外人野手も獲得しなかったのに・・。
本格的な夏になれば、もう少し阪神が上がってくるのではないでしょうか。
今シーズンは今後の予想が難しいから、
どういう結果になるか楽しみな面もあります。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。