Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  プロ野球 →  「横浜でも再び裏金問題発覚!」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜でも再び裏金問題発覚! 

横浜ベイスターズの那須野投手に
決められた契約金の上限を超える契約金(いわゆる裏金)を渡していたことが発覚しました。
それによると、その額は5億3千万円で3千万は日大の監督に渡ったという。
金額については球団も認め、HPに謝罪文を掲載しています。

いまさら別に驚くことでもないし、
ず~っと以前から言われていたことが具体的に発覚しただけです。
裏金を使ってない球団なんてありませんから・・。
西武や横浜で具体的に発覚したのは将来の為には良かったと思う。
この際 他球団にもどんどん飛び火すればよいと思う。

なんでこの時期に横浜から発覚したかというと、
よそ者の佐々木球団社長を好ましく思わない勢力が週刊誌に暴露したのが実態らしい。
要するに球団内部の主導権争い・・・ってことでしょ。
万年最下位のチームで球団幹部が内輪揉めすること自体が情けない。

マスコミは鬼の首でも取ったように球団や選手個人を責めるでしょうね。

那須野の場合は7球団で奪い合いになったのだから、
5億円といっても、裏金としては妥当な線でしょう。
今回の件で驚くファンは能天気だと思う。
最高では獲得に17億円使った選手がいるという話しもありますし・・。

入団後、金額に見合う活躍をしたか否かはこの際問題ではありません。
活躍したから許されるものでもないし、
活躍していないことを責めるのも筋違いです。
活躍するかどうかはやってみなければ判らないことで、
選手獲得には大きなリスクがあるのは当たり前です。
ところで、裏金には3種類あります。

一つは栄養費と称するものに代表されるような
目をつけた選手のご機嫌をとるための金品供与・・・
毎月のお小遣いや時計などのプレゼント。進学先の学費や生活費の補助など。
球団の接触は中学生時代から始まっているというのが先日の西武問題で具体的に判りました。
先日発覚した西武のアマ2選手への利益供与や2004年の一場問題もこの類でした。

二つ目はドラフトに向けて始まる選手周辺への根回し・・
監督・コーチ、学校関係者、親族などへの金品供与です。
これは関わり具合によって数百万から数千万と言われています。
今回言われている日大監督への3千万もこの類でしょう。
監督から暗に金額UPを要求してくるケースも多いという。

三つ目はドラフトの最終段階に提示される契約金の上積み。
これこそオークションのようなもので、
最も高い金額を提示した球団に希望枠で入団するわけです。
当然 額は数億円になります。
今回発覚した那須野はこの部分ですね。
この契約金の上積みは、上記2つの裏金とは性質が異なり、
契約後(入団後)に支払われるので理屈の上では事前の利益供与には該当しません。
だからアマ側も禁止行為にはしておりません。
上限1億+出来高という建て前の“申し合わせ”にすぎません。
まあ契約金も事前に提示されるので本質は裏金と同じですけど・・。


1993年に読売発案で逆指名という可笑しな制度が始まったときから懸念されていたことです。
自由枠とか希望枠など名前を変えても根本的に同じです。
そもそも選手側が入る球団を選ぶという制度では裏金が飛び回るのが当たり前です。
球団側が選手に頭を下げて誠意を見せなければなりませんからね。
誠意はお金で示す以外にはありませんから。

今までプロもアマも悪しき慣習は暗黙の了解だったわけでしょ。
表向きは“申し合わせ”とか“倫理規定”などでお茶を濁してきた結果がこれでしょう。

利益供与しても意味の無いようなドラフト制度にすればよいのです。
先ずは希望枠撤廃のようですから、それはそれでいいと思う。
あとは完全ウェーバーでいいんです。
クロスウェーバーとか小細工は必要ありません。

私もファンのひとりとしてウンザリなのだが、
今回は現役選手の名前が出てしまいましたから、
この際すべてのウミを出せばいいと思う。
思いっきり暴露合戦するのもいいでしょう。
ファンの夢とか青少年への影響など悠長なこと言ってる場合ではありません。
すくなくとも逆指名制度からの選手をすべて調べるべきです。
同じことをやってバレた選手だけが責められるのは不公平ですから。
改革するには、まずは今までの実態をすべて明らかにしなければなりません。
バレたからといって、金を返す必要はありませんからね。
裏金とはいっても契約金ですから、
法的には問題ないわけですから(税務処理は別問題)。
それと、読売の操り人形でしかない無能なコミッショナーも
改革の意欲のある人物と即刻交代すべきです。
読売のいいなりになるオーナー会議も必要ありません。


那須野投手に対しては心無い観客からの野次・罵声があるかもしれません。
那須野投手の素質が今年やっと開花しかけているのに、
今回の件でしぼんでしまっては困ります。
けじめとして、何らかのペナルティーを科すことは必要でしょう。
その後は野次や罵声があっても、それに耐えて、
逆にバネにして奮起していただきたいと思います。

  にほんブログ村 野球ブログへ
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。