Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「横浜 1-10 巨人 (4/1)」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜 1-10 巨人 (4/1) 

070401h1.jpg今シーズン初の生観戦です。
観戦場所は1塁側B指定席です。
昨夜の暴風雨も上がり、薄日が差す野球日和でした。
巨人を迎えての地元横浜での開幕カードは昨日まで1勝1敗で、今日は工藤の初先発で期待されましたが・・。

4/1 横浜 1-10 巨人横浜スタジアム
勝:高橋尚(1勝0敗)、 敗:工藤(0勝1敗)、S:-
本塁打:[巨人] 谷 1号1回ソロ
  [横浜] 鈴木尚 1号9回ソロ

バッテリー:[巨人] 高橋尚、会田、吉武 - 阿部
  [横浜] 工藤、吉見、ホセロ、山北、吉原、那須野 - 相川


070401h2.jpg先発の工藤が不調で7失点(3回1/3)で降板。
オープン戦でまずまずだったホセロも制球が悪くて今後が不安。吉原はストライクが入らず自滅・・。
打線もオープン戦同様に全く繋がらない貧打でした。特に石井琢は元気がなく、途中で石川と交代し、連続フルイニング出場記録もストップしました。金城は開幕3連戦はノーヒットに終わりました。貧打・投壊を目の当たりにしたゲームでした。

石井選手の記録が途絶えたことについては、大矢監督の良い決断だったと思います。
結果が出ていないのに個人記録を優遇すると、チームの士気の低下につながる場合もありますから、開幕早々に区切りをつけたことは評価できます。本人は悔しいでしょうが、なにより記録が途絶えたのは本人の責任ですから、本人もファンも現実を受け入れるべきでしょう。阪神の金本選手だって決断しなければならない時期が必ず来るわけですから。
 
レフトスタンドとライトスタンド・・
巨人ファンで埋るレフトスタンドばかり盛り上がってました。
全体では6:4で横浜ファンのほうが多かったようですが・・。
070401h3.jpg 070401h4.jpg

横浜は今シーズン懸念されている投壊が3戦目で現れた感じです。
工藤は制球が悪く球威もなく、バッティング練習のように打たれてました。
横浜ファンは優しいですから、降板の際に拍手が起こりました。
次回の奮起に期待というところでしょうか。

オープン戦で好調だった吉原は初登板の緊張もあったとは思うが、ストライクが全く入らず、4連続四球の連続押出しで、敗戦処理の役目も果たせず那須野に交代しました。ストレートの連続四球でしたので、打者3人目で初めてストライクが入ったときはスタンドから笑いと拍手が起こりました。
大敗ゲームでの敗戦処理という気楽な場面で試合の雰囲気を経験させようという監督の親心だったと思いますが、それに応えることができませんでした。
敗戦処理の役目は、他の投手に負担をかけさせないように、適当に終わらせればよいわけなんですけどね。打たれても点を取られてもいいですけど、四球だけはダメなんです。四球連発じゃあ試合が終わりませんから・・。結局、勝ちパターンでの中継ぎ予定だった那須野を登板させなければならない事態になりました。
苦いデビューを忘れることなく、奮起していただきたいと思います。

那須野は昨年までの 身長だけ高いヘナヘナ投手というイメージから脱却した感じで、今シーズンは期待できそうです。
070401h10.jpg 070401h11.jpg

070401h12.jpg唯一の得点は鈴木尚のソロアーチでした。
貧打の打線にあって、彼は復活の兆しがありますね。

070401h9.jpg鈴木の本塁打に続き、佐伯、古木が代打出場したときが一番盛り上がりました。
結果は出ませんでしたが、これだけ多くの選手を起用するとファンも納得している様子でした。このあたりは牛島監督とは明らかに違いますね。

070401h13.jpg巨人の快勝でした。
でも正直3タテを喰らうと思ってましたので、1勝2敗は上出来だと思います。
これだけ大差で負けると、みなさんも腹も立たないようで、家族連れが多かったスタンドは ほのぼのとしていました。まあ投手陣が好投したとしても、この貧打では勝てませんから、ファンも「仕方ないなあ・・」といった雰囲気でした。
これに懲りずに、またハマスタに足を運んでいただきたいと思います。

================================
070401h8.jpgスタンド最上段が新設された内野立見席。
指定席が完売状態になってから発売するようです。
ただ 立見席については、どこにも案内表示がなく、案内人もいないので 場所がわからず 困っているお客さんが多くいました。
毎度のことですけど、上段ゲートには係員すら居ませんし、下段のゲートはアルバイトばかりで席の案内もできてませんでした。常連客ばかりではありませんので、この点は考えてもらいたいものです。

070401h7.jpgベイブルーシートエリアのみ若干の空席がありました。
やはり最後に残るチケットはSS席のようです。6500円じゃあ一般庶民は無理ですよね。場内サービスに関しても年々上流階級を対象にしている感じです。地元密着の市民球団という意識が年々薄れてきているようです。


070401h5.jpg 070401h6.jpg

070401h16.jpg 070401h17.jpg

070401h14.jpg 070401h15.jpg


  にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。