Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「ベイブルーシート」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイブルーシート 

070306h_ys1.jpg昨日、ランドマークタワーに上がった際に、横浜スタジアムに新設された「ベイブルーシート」がハッキリと見えました。
ヤンキースタジアム(アメリカン・シーティング社製)と同じ座席だそうです。ひじ掛けがあり、座面は跳ね上げ式になります。
横幅が 42cm から50cm に 8cm 広がり、前後(床面)も 75cm から 85cm に 10cm 広がりました。
さらに前後の座席の段差が 10cm 高くなり視界がよくなります。

y_stadium_ticket2007.jpegこのベイブルーシートエリアは昨年までS席(5500円)だったのが、今シーズンからSS席(6500円)に値上げとなりました。

評判の悪い高額入場料がさらにアップすることになります。ハマスタは元々収容人数が少ないのに、シートを大きくした分 収容人数がさらに2千人程度少なくなるわけで、その分を入場料アップで補おうということでしょう。
不評だった狭すぎる座席を改善するのはいいんだけど、値上げしちゃイカンでしょう。
ただ、年間席として購入すれば 315,000円ですから、かなりお得なようです。
とはいっても年間席を購入できる一般家庭は少ないでしょうから、需要としては企業の接待用かな。

収容人数が2万8千として、実数発表だとチケット完売しても来ない客が1割以上いますから、満員札止めで2万5千人くらいでしょうかね。
やはりフランチャイズとしては少なすぎますね。
安価でファンが多く入った方が選手のやる気も出ると思いますが・・・
ハマスタの諸々の特殊事情ではどうしようもないですかね。

ハマスタは公園内の厳しい建ぺい率をクリアする究極の設計で建設されてますから、スタンドの増設は法令の改正でもない限り不可能ですからね。
ハマスタでは入場料で収益を確保するのは今後も難しいでしょうね。

ハマスタは建設時に一般から一口250万円(5000株)で出資してもらってますよね。
その出資者には一口あたり1席がオーナーズシートとして45年間与えられますから、年間席を完売したとしても席数がそのまま売上げになるわけではないですし・・。ネーミングライツについても市議会で取上げられてましたけど、横浜スタジアムという名称の使用権も運営会社に45年間与えられてますから、日産スタジアムのようなネーミングライツの導入も簡単ではないんだよね。
070306h_ys2.jpg
ハマスタの良い点は何と言っても市街地の駅前という立地の良さですよね。
最初に移転計画が上がったのが鶴見操車場跡地・・
次にドーム計画としてMM21の高島地区でしたね。
鶴見操車場なんて交通不便な郊外じゃ観客が集まらないでしょう。
MM21の土地は日産本社に決定しましたし・・。
現在地は法令で今以上のものは建てられないし、移転に最適な場所も見当たりませんね。
現ハマスタで赤字が続くようなら、他都市への移転とかまた合併論とか出てくるかもしれません。
ベイスターズは横浜に定着している感じですから、このまま永遠に横浜に居て欲しいものです。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。