Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜 →  「氷川丸マリンタワー営業終了」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷川丸マリンタワー営業終了 

061225h5.jpg12月25日の18:30で氷川丸マリンタワーの営業が終了しました。
横浜のシンボルとして定着していましたが、ここ数年はMM21地区に客足を取られて入場客が激減し、運営が困難になりました。
12月31日をもって氷川丸マリンタワー(株)は解散し、マリンタワー横浜市に売却され、氷川丸は親会社の日本郵船が引き取ります。
両施設とも23・24日は入場客で長蛇の列でした。最終日の25日も平日にもかかわらず、列が途切れることはありませんでした。

061225h1.jpg先ずはマリンタワーに上がりました。
20年ぶりくらいかな。
土日はエレベーターは60分待ちでしたけど、25日の正午頃は15分ほどで乗れました。午後からは次第に入場列が伸びていたようです。
階段も開放して、上り階段利用者には記念品をプレゼントしてました。

061225h6.jpg展望室は風で揺れるんですね。エレベーターに乗ってる気分で、あまり長く居ると気持ち悪くなるかもしれません。
街並みを観るにはマリンタワーは丁度良い高さだと思いました。
ランドマークタワーのスカイガーデンだと高すぎて航空写真みたいですからね。

ちょうど本牧沖からベイブリッジをくぐって入港する飛鳥?を観ることができました。
061225h7.jpg 061225h8.jpg

訪れた人々の会話を聞いていると、
マリンタワーが無くなると思っている人も多いようですね。
べつに無くなるわけじゃないんですけどね。
解体されてビルが建設される可能性が高かったので、横浜市が買い取って、
2009年の開港150周年に合わせてリニューアルされることが決まっています。
横浜のシンボルであり、ギネスブックにも掲載されている地上高世界一の灯台でもありますから、
横浜市も財政難の中で全会一致で買い取りを決定しました。
現在は横浜市が運営事業者を募集中です。

061225h2.jpg夕方、氷川丸に乗船しました。
後部に掲げられた「イママデ アリガトウ」という文字が寂しく想えました。
こちらも最終入場の18時まで入場列が途切れることはありませんでした。

061225h9.jpg 061225h10.jpg
061225h11.jpg 061225h12.jpg

061225h4.jpg氷川丸からMM21の風景。
全館点灯と大さん橋の「飛鳥?」と「ぱしふぃっくびいなす」の豪華客船が綺麗でした。

061225h3.jpg営業終了の18時半が近づくと、多くの人々がオープンデッキに集まり別れを惜しみました。
18:30に別れを告げる長音3回の汽笛が鳴り響きました。
マリンタワーのイルミネーションも消灯しました。

氷川丸の職員に聞きましたら、再びこの場で公開できる方向で検討中とのことでした。
解体するにしても他所で保管するにしても、船底の老朽化が激しくて移動することができないので、
とりあえずこの場でできる範囲の修理をするそうです。
横浜市の指定有形文化財でもありますから、
どういう形にせよ山下公園に残してほしいと思います。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

『氷川丸保存決定!』
日本郵船の発表によると、
氷川丸を修理後に再びここで一般公開することを決めたそうです。
公開は2008年度の予定だそうです。
横浜のシンボルが消えなくて良かったですね。
2007/02/26(月) 21:28:05 | URL | AlleyCatさん #zTOwoCT2[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。