Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「横浜 6-3 広島 (8/20)」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜 6-3 広島 (8/20) 

060820h1.jpgハマスタで 横浜 vs 広島 を観戦。
昨日の大乱戦を制して1勝1敗となり、ここのところ同一カードでは負越しばかりでしたので、今日は負けかな?・・・と思いつつも、ファンクラブの招待券も消化しないともったいないから外野席に入場。午後から曇り空だったので体力消耗も最小限で開始時刻まで待機できました。

8/20 横浜 6-3 広島(横浜スタジアム)
勝:牛田(3勝2敗)、 敗:マルテ(0勝1敗)、S:クルーン(2勝3敗20S)
本塁打:[広島] 緒方 5号2回ソロ [横浜] -
バッテリー:[広島] ロマノ、マルテ、広池、林、梅津 - 石原
[横浜] 牛田、川村、加藤、クルーン - 相川


060820h2.jpg横浜は初回 村田の振り逃げで1点先制するも直後に緒方のソロアーチで同点。序盤はチャンスはつくるものの守備妨害やら併殺の拙攻でなかなか得点できませんでした。
広島は6回二死からつくったチャンスに井生の2塁打で2点勝越し。
その裏 ロマノが小池に頭部への死球で危険球退場・・・急遽登板したマルテが不安定で、この回は4得点のビッグイニングとなって逆転。最後はクルーンが締めくくった。6-3というスコアだが、横浜の6得点の内 3点は相手投手の暴投によるもので、横浜の拙攻も広島に助けられた感じです。
牛田は6回を投げて被安打6、与四球3、失点3、自責点3という成績でした。決して悪い数字ではありませんが、二死から四球を与えて得点を許すという詰めの甘さは改善されてません。反省すべき点は反省して次の登板に生かしてほしい。

=============================================
060820h6.jpg恒例の試合前の少年野球チームシートノック。
ノッカーは波留コーチ

060820h3.jpg内野指定席エリアはガラガラ

怪しい雲が出てきましたが、雨は数粒落ちただけでした。

060820h4.jpg今日もライトスタンドは9割程度の入りで席詰めするほどの混雑ではありませんでした。
熱心なファンの応援で盛り上がりました。

060820h5.jpg6回広島のロマノが小池に頭部への死球を与えて危険球退場・・
代わって登板したのがカープアカデミー出身のマルテ・・
いきなりの登板で安定せず、横浜にとっては絶好の反撃のチャンスとなりました。

060820h7.jpg相手のミスにも助けられたので、快勝とは言えませんけど、ファンとしては何でも勝ては気分はイイものです。

060820h8.jpg久しぶりの同一カード勝ち越しで
スタンドへの帽子の投げ入れ・・
先日は負け越したのに投げ入れてましたけどね。

060820h9.jpgヒーローインタビューは
牛田投手と村田選手
村田はお立ち台にもだいぶ慣れてきたようで、風格が出てきた感じです。コメントも佐伯に負けないレベルになりつつあります。


人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。