Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「横浜・やっと3勝目 vs広島」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・やっと3勝目 vs広島 

広島3-4横浜(延長10回)
先発の三浦が2本塁打で3失点・・・横浜打線を考えると今日も負けかと思いました。
しかし、村田と古木の二者連続弾で1点差に追いつくと、8回にはこの日多村の代わりにスタメン出場した吉村のソロアーチで同点。8回からは2番手の木塚が広島打線を無得点に抑え、延長10回には代打 内川のタイムリー2塁打で1点リード。その裏はクルーンが無難に締めくくり今期初セーブ。横浜はやっと3勝目です。

9回裏に1死満塁のサヨナラ負けの大ピンチをしのいだのが大きかった。
広島打線もなかなか波に乗れませんよね。
横浜も今期は1死3塁のサヨナラのチャンスが数多くありましたけど、外野フライ一つ出たことはありませんよね。だから広島ファンの落胆した気持ちはよくわかります。

村田の好調は続いてます。加えて今日は古木、吉村、内川という普段の控え組が活躍しました。小池のバッティング不調と多村の欠場は控え組にとっては絶好のチャンスですから、とにかくガンバレ。このメンバーでは外野の守備が不安ですけど、今はそんなこと言ってられない状況ですから。

相変わらず上位打線は重症ですね。種田も打順を上げると予想どおり精彩を欠きますし・・。
核になる打者が一人いればいいんだけど・・補強をしない方針みたいですから今後も苦戦が続くでしょう。

多村は今年も戦力として期待しないほうがいいみたいですね。WBCの経験で少しは責任感が芽生えるかと期待したのだが、やはり無理でした。休み癖と言い訳癖は一生直らないでしょう。とてもクリーンアップを任せられる選手ではありません。復帰後も休み休み気楽に6番あたりを打つのが本人のためにもチームのためにも良いと思います。

肉体的にも精神的にもボロボロの佐伯は見ていて痛々しいです。佐伯の場合は多村とは対照的に絶対に休まないし、痛くても口に出さないし、言い訳もしません。だからこそ監督・コーチから適度なリフレッシュ期間を与えてもらいたいところです。ベテランの起用法については田代コーチの事前の了承が必要みたいですから牛島監督も決断し辛いのでしょう。でも監督なんですから誰にも遠慮せず思い切って指導力を発揮してもらいたい。どうこう言っても チームの人間関係って難しいんだよね。
ファンにできることは 声援で選手にエネルギーを与えることくらいですかね。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。