Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「西武 VS 横浜 (6/3)」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武 VS 横浜 (6/3) 

6/3 西武6-5横浜, 勝:西口(7勝3敗0S)、敗:三浦(2勝5敗0S)
横浜は9回に豊田を攻めるも一歩及ばず3連戦の初戦を落とす。やはり三浦の6失点(自責点5)が響いた。三浦は一応エースと呼ばれているのだが、この時期でまだ2勝は寂しいね。エースがこの状態ではチームもなかなか借金が返せないし・・。多村は今日も18号HRを放つなど好調が続いているのは明るい話題です。明日に期待しましょうかね。

今日はJスカイのTV観戦でしたけど、珍しいプレーもあった。2回のカブレラのHRは特大すぎて天井に当たって内野付近まで戻ってきた。結局は審判団が協議しての認定HRに・・・。理由は外野フェンス上空付近の天井に当たったから確実(距離的)にHRということだった。レフトの小池は一歩も動いてなかったもんね。天井がなかったら何処まで飛んだのだろう? ハマスタではスコアボードに当たっても推定飛距離が表示されるんだけどね。今日のカブレラのHR推定飛距離はどれくらいなのかな?

7回は外野フライで2塁走者がタッチアップでホームまで帰るという珍プレーもあった。左中間の飛球を小池と多村が交錯して捕球、捕球した多村が中継の石井に返球するも石井は小池が捕球したものと思い込み小池方面に走り寄り、返球が誰もいないところをテンテンとする間にホームインでした。多村にエラーが付いたのがちょっと気の毒。石井の勘違いが真相のようです。結果的にこの1点が決勝点のようになったのだけど、小池と多村がぶつからなくて良かったと思います。打球が上がった瞬間に解説者も「危ない、ぶつかる!」とか言ってました。この二人が怪我したらチームもファンもダメージが大きいですから・・。昔(甲子園だったかな?)同じような飛球で屋鋪選手とパチョレック選手が激突・・・屋鋪選手の額が割れて血だらけで救急車で病院に運ばれ、パチョレック選手もあごを切って出血というシーンを思い出しました。プレー中には避けられない怪我もありますから、とにかく無事で良かったです。
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。