Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  プロ野球 →  「WBC日本が準決勝進出・・・疑惑の審判が再び暴挙も」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC日本が準決勝進出・・・疑惑の審判が再び暴挙も 

WBC2次リーグで米国がメキシコに1-2で破れ、失点率で僅かに上回る日本が奇跡的に準決勝進出となりました。
日本は昨日の韓国戦で1次リーグに続き再び韓国に破れ、1勝2敗となっていました。
本日の米国vsメキシコで米国が2失点以上で敗れれば日本が進出することになるが、優勝候補の米国がこの組で最も弱いとされるメキシコに敗れる可能性は非常に低いので、日本の準決勝進出は絶望的でした。
まさかメキシコが勝つとは思いませんでした。
今日のメキシコの勝利は、不公正な判定にメキシコ選手団とスタンドの観客が一丸となって奮起したのが勝因でしょう。


“疑惑の審判”デービットソンが再び疑惑の判定・・

3回メキシコの先頭打者・バレンズエラが右翼ポールを直撃する飛球を放ったが、1塁のデービッドソン塁審が本塁打と認めず2塁打と判定してしまったのだ。ポールを直撃すれば、何の疑いもなく本塁打なのだが・・・メキシコは猛抗議するも審判団の判定は覆りませんでした。
ボールにはポールのペンキが付着しているのも確認したし、場内にはポールに当たった映像が何度も流されて場内は騒然となりました。
デービットソン審判は日本vs米国で日本の決勝点となるはずだった犠牲フライをアウトとするインチキ判定を下した問題の審判です。今日の疑惑の判定の前にも2回米国の攻撃で、無死一塁から左飛で飛び出した一塁走者の帰塁が明らかに遅かったにもかかわらず、セーフという露骨な米国贔屓の判定をしていた。

先日の米国-日本戦の誤審で世界的な非難を浴びたにもかかわらず、再び米国戦でデービットソン審判を起用した運営側にも問題があるでしょう。日本側の質問状に対してWBC本部は審判の主張が正しいとする見解を出しました。ここまでくると誤審という次元ではなく、審判もWBC本部も確信犯なのでしょう。
WBCは日程も場所も組合せもルールも運営も審判もすべて米国主導で米国有利に設定されてますから、早急に改善しなければ野球というスポーツそのものの国際的信用が低下してしまいます。

とにかく日本は奇跡的に準決勝進出できたのですから、今度こそ韓国を破り決勝戦に進んでもらいたい。韓国へのリベンジは次回大会まで持ち越しと思っていたのが、今大会で雪辱の機会が与えられるわけですから ここで奮起しないといけません。日本の進出を“タナボタ”という声もあるかもしれませんが、そもそも公正な審判団であれば、日本は米国戦を勝利して、すでに準決勝進出を決めていたわけですから・・。
米国もこんな露骨なやり方で勝ち進んだとしても価値はありませんし、野球の本場の国として恥ずかしくないのでしょうか。

今後の日程(日時は日本時間、場所:ペトコ・パーク)
■準決勝
3月19日 05:00 ドミニカ vs キューバ
3月19日 12:00 韓国 vs 日本
■決勝
3月21日 11:00 準決勝勝者 vs 準決勝勝者

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします


スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。