Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  プロ野球 →  「WBC2次リーグは誤審で米国勝利」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC2次リーグは誤審で米国勝利 

WBCの2次リーグ 日本vs米国は3-4で日本が負けました。
内容的には素晴らしい試合だったという評論家が多いようですね。審判の誤審を除けば・・。
試合内容がどうであれ、酷いジャッジによって試合の流れが変わり、審判によって米国が救われたことに違いはありません。あんなインチキがまかりとおるなんてスポーツの意味がありません。明らかなインチキなのに正しいジャッジだと言い張る米国代表の監督も情けないですし・・。こんなことで勝って恥ずかしくないのかな?
とにかく朝から気分の悪いものを見てしまいました。

自分としてはプロ野球の開幕直前でもあり、WBCにはあまり興味はなかったんですけど、各国の実力がどの程度か比べるのにはイイかな・・とか思ってました。でもやはり、公平じゃない状況で戦っても面白くありません。実態は米国のための大会ですからね。

一応は世界大会なのに米国で行われ、米国の試合も米国の審判がジャッジするということでは公平にやるのは無理があるでしょう。他のスポーツの国際大会では有り得ません。
世界最高レベルの野球を競うというのに、審判の殆どが米国のマイナーリーグの審判ですからねえ。問題の球審は労使紛争でメジャーを追放になったらしいけど、ロッテのバレンタイン監督の談話によると、以前から目立とうとして他人と違う判定をしてボークをよくとる人物らしい。そういえば、指をなめる行為にケチをつけられたことでリズムを崩して、直後に同点HRを打たれましたよね。米国の投手も指をなめてましたが、そちらは全く注意もしませんでしたし・・。

接戦でしたから結果的に審判の誤審が勝敗を左右しましたけど、日本もチャンスで追加点が取れなかったのも痛いし、ツバつけとか投手の仕草についても徹底しておくべきだったし、ボークで動揺するようじゃいけません。
せっかく参加しているのですから、残り試合はもっと奮起してください。

日本の選手会は当初から米国主導の制度に異を唱えてましたけど、日本だけ不参加で取り残されるわけにもいかず、先ずは参加して、徐々により良い制度に変えていくことを目指しました。なのに1回目から米国自らが汚点を残してしまいました。野球界では すべてが米国主導という異常事態が世界的な普及の遅れの要因でもあるのでしょう。こういう状況では野球がオリンピックで廃止されるのも仕方ないですね。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。