Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  スポーツ →  「トリノ五輪で初のメダル獲得」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリノ五輪で初のメダル獲得 

トリノ五輪のフィギュアスケート女子で荒川静香選手が見事に金メダルを獲得しました。
日本選手団の不調が続き、30年ぶりのメダル0が濃厚な情勢となっていました。残るは女子フィギュアに僅かな望みをもっていた人も多かったことでしょう。自分もせめて何とか銅メダルを・・と願ってました。そんな多くの人々の願いと様々な重圧のなかで世界の頂点に立ちました。まさか君が代が聞けるとは思いませんでした。
フィギュアで日本の金メダルは初、さらにアジアでも初という快挙でした。

●荒川静香選手 金メダルおめでとう!

自分は通勤途中の街頭で観てました。事前の情報では無難に終わればロシアのイリーナ・スルツカヤ選手の金が確実といわれていました。
最終滑走者であるスルツカヤ選手が転倒した時、周囲から「よっしゃー・・」という声とともに拍手が起こりました。他人の不幸を不謹慎な・・とも言えますけど、素直な反応でしょう。

とにかく今大会での日本の不振は技術面や選手育成、情報収集能力など様々な問題点を露呈しました。JOCや各競技団体の責任を追及する声が日増しに高まっていました。
荒川選手の快挙は、国民の不満や責任問題などを一気に帳消しにした感じです。ただ、日本選手団の不振の原因は分析して今後に生かしていただきたいと思います。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。