Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  日記 →  「ある救急病院で・・・ 」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある救急病院で・・・  

家族の急病でバタバタしてました。
しかも酷い救急病院に遭遇して・・・

2月14に母が倒れちゃったの・・・
いつも通院している聖マリ西部病院の救命センターは3次救急専門だから 2次救急じゃあ診てくれない・・。
仕方ないから救急車呼んで・・・
運ばれたのが旭区の中原街道沿いにある●●●病院でした。
この病院に運ばれたのが不運でした。
ここは5年ほど前に来たことがあり、その時の先生(今は別の病院で勤務)がとても親切で良い病院というイメージがありました。
それが今回は到着するなり医師の機嫌が悪い。終始高圧的な口調でした。

どうやら“かかりつけ”の患者じゃないというのが気に入らなかったらしい。
「かかったことがある というのと かかりつけとは違う・・」と救急隊員にまで文句言ってました。
だったら引き受けなきゃいいのに・・・。
救急病院って“かかりつけ”じゃないといけないのかな?

頭のCTを撮って脳には異常がないから点滴が終わったら引き取ってほしいとのことでした。
点滴が終わっても回復するどころか来たときよりも容態が悪くなりました。
それでも うちでは診れないから帰ってほしいと言われて困ってしまいました。
起きることもできない患者をどうやって連れて帰ればよいのかと相談しても「異常はない」との一点張りで全く聞く耳を持たない医者でした。具合が悪いのは既往症のせいだと決め付けられました。その口調から病気に対する偏見も感じられました。確かに昔、既往症はありましたけど今は直ってますし、今回は別の症状で来たわけですけど・・。
せめてもう少し休ませてくれないか・・とのお願いも聞き入れられず、医者は患者をほっとらかしにして姿を消してしまいました。

診ることができないのなら、他院を紹介するとか救急転送とかの手配をするのが普通じゃないのかな?
タクシーに乗せるわけにもいかず、夜中に知人を呼び出して、自宅から車を持ってきてもらいました。そして看護師に手伝ってもらって無理やり座席に乗せて帰宅しました。

まあ病院じゃあ医者は王様だからね。看護師も口を出せないからね。
帰るとき看護師が申し訳なさそうに「何かあったらすぐ救急車を呼んでくださいね」といいました。
何かあったから救急車で来たわけなんだけどね・・。
さらに「いつもはイイ先生なんですよ・・」だって。
いつもはどうであれ、我が家にとっては初対面ですから、それがすべての印象になってしまいます。

連れて帰ったものの、やはり容態は悪化する一方で、結局また救急車を呼ぶことになりました。
今度はあらかじめ診てくれる病院を探してから救急車を依頼しました。
今度は若葉台の旭中央総合病院です。
ここは聖マリ西部病院が開院するまでは時々行ったことがありますが、約20年ぶりに来ました。
ここでは適切な処置をしていただき、そのまま入院となりました。
まだ回復はしていませんが少しは落ち着いたようです。
その後の検査で耳の異常の可能性があるとのことで治療を受けています。
同じ2次救急の病院で、この対応の差は何なのでしょうかね?

それにしても ●●●病院には腹が立つなあ・・
他の病院に行けば検査は一からやり直しになるから、国の診療報酬はもとより家計にとっても無駄な出費だし、救急車も一回で済んだのに・・一回の救急出動に多額の経費がかかります。なにより病状の他に患者と家族が精神的な打撃を受けましたから・・。
まあ病院の問題というより医師個人の人間性の問題だと思いますけど・・・
名前は出しませんけど、2月14日の夜間に担当したあの医者の仕打ちだけは忘れません。
小泉流に言えば、人生いろいろ・・病院もいろいろ・・医者もいろいろ・・ということですね。
●●●病院の評判ってどうなんでしょうかね?
とにかく●●●病院には二度と行かないことにします。
    上白根病院
それと、かかりつけが聖マリアンナ西部病院のような大病院だと急病のとき重篤以外は診てくれないから、かかりつけは中規模の総合病院にしたほうがいいみたいだね。でも横浜って人口規模の割りには中規模病院が少ないんだよね。

救急車に乗ったのも今回が初めてでした。救急車ってけっこう揺れるんだね。
横浜市の救急隊員はいずれも親切で迅速に対応していただきました。
追伸・・・
3月8日に退院することができました。
約3週間の入院で、最初の1週間は全く食事も排泄もできませんでした。
内科と耳鼻科の連携による適切な処置で徐々に回復し、リハビリも行い、なんとか退院にこぎつけました。
旭中央病院には本当に感謝いたします。

一方で、●●●病院にはこんな状態の患者を追い返す医者がいるわけです。
どちらの病院も地域に根ざした医療を謳ってますけど、この対応の差はなんなのか?
病院選び医者選びは重要だといいますけど、評判だけでは分からない部分が多いですね。
いずれにしても●●●病院には二度と行きません。

***********************

追伸(2011年11月)・・・
FC2事務局より記事の修正依頼が来ましたが、修正する時間が無いので11月末で一旦削除します。
当該病院より記事の削除依頼が寄せられたようです

↓事務局から来たメール


いつもFC2のサービスをご利用頂きありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されておりますブログに関しまして、
医療法人社団■■会 ●●●病院 様より、
下記の連絡が届いております。

**************************************
http://yokohama59.blog10.fc2.com/blog-entry-182.html
上記URLで表示される「酷い救急病院(No.182 2006/02/22/22)」とそれに続く「この記事へのコメント」

当該ブログには、固有名詞を記載しあたかも当法人の経営する●●●病院が常に横暴で十分な医療を行っていないかのような記載があります。このような記載は事実に反し、●●●病院の名誉・信用を著しく毀損するものです。また、日々、地域に密着した病院として良心的な医療を行っている職員にとって屈辱的なものです。
よって、浜っ子通信局に記載されている●●●病院に関するすべての内容について、即時削除されるようお願い致します。

**************************************
該当箇所の削除修正をお願いします。
削除修正が完了致しましたら、ご連絡ください。
ご連絡頂けない場合は遺憾ながら削除等の措置をとらせていただくことがございます。


・・・ということらしいです。
私が書いた記事は日記として事実をそのまま記載しただけなので事実には反していません。
でも個人の日記とはいえネット上に公開されてますから、
固有名詞を出されると該当者は都合が悪いですよね。たとえ事実でも。
コメントに関しては真偽はわかりませんが、ネット投稿コメントは中身半分くらいに思えばイイんですけどね。

それにしても
『日々、地域に密着した病院として良心的な医療を行っている・・』って
 当方に与えた行為が『良心的な医療』と誇りをもって言えるのか?
『職員にとって屈辱的・・』って、屈辱を受けたのは こっちなんですけどね。
それに病院全体が横暴だとは言ってないでしょ。
医者個人の問題だと結論づけているのに・・・。

日頃どんなに良心的な対応をしていても、ただ一人でも不届き者の医者が居れば印象は悪くなり、それが全体の評判になることは世の常です。病院に限らずどの分野でもね。そんなことも分からず、反省するどころか、気に入らない記事は削除依頼するとう姑息な手段に出る器の小ささには呆れました。
それに私に直接メール連絡すればいいのに、ブログ事務局に削除依頼するとは・・・
やはり やましいから私に直接接触するのは避けたのでしょう。



追伸 (2011年12月29日)・・・
過去のことだし、揉め事を起こすつもりもありませんし、
もう関わりたくもないので11月末をもって一旦削除しました。
でも個人の日記としては備忘録的に残しておく必要があるので、
後日固有名詞を黒塗りにしてタイトルも変更して再掲しました。
寄せられた多くのコメントに関しては当方では真偽の確認のしようがありませんので、申し訳ありませんが削除させていただきました。
今後は(病院に)否定的なコメントの承認は慎重に行いたいと思います。
それでも今後強制削除とかされれば仕方ないので、その時は他のブログか掲示板に転載します。
該当病院も事実を書かれて目くじらを立てるのではなく、
二度と当方のような辛い想いをさせないように、
患者一人ひとりに誠意をもって対応してくださいね。

上白根病院の評判は?
  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

『承認待ちコメント』
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/01/18(水) 20:59:02 | | さん #[ 編集]
『承認待ちコメント』
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/05/18(金) 02:15:13 | | さん #[ 編集]
『承認待ちコメント』
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/06(土) 01:06:37 | | さん #[ 編集]
『承認待ちコメント』
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/12/13(木) 21:35:32 | | さん #[ 編集]
『承認待ちコメント』
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/21(木) 08:02:12 | | さん #[ 編集]
『承認待ちコメント』
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/01/22(水) 21:29:30 | | さん #[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。