Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「横浜 保留者続出・・・古木は移籍希望?」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜 保留者続出・・・古木は移籍希望? 

ベイスターズは契約で保留者続出みたいですね。
選手同士で申し合せでもしているのかな?
Aクラスに入ったという気持ちがあるのでしょうけど、実情は巨人がこけたことによるラッキーな3位ですからね。クルーンの契約も影響しているのでしょう。両者妥協ということですけど、実際はクルーン側のごね得を許した形ですから。チームバランスから考えると、ごねる選手が続出するのもある程度は予想できましたけど。
プロ野球全体が年俸が高すぎますから、選手会も球界全体を考えて年俸の見直しをしないといけません。一度リセット(いったん全選手を解雇して契約をやり直す)ぐらいの改革をしてもらいたい。

古木は移籍希望?
なんでも古木選手が移籍を希望しているとか・・。
他に使ってもらえるところがあればいいですけど、今の状態で使ってくれる球団はないでしょう。本人は使ってもらえないことを不満に想ってるのかもしれませんけど、使えないから使ってもらえないということを自覚しないといけないでしょう。それでもチャンスはけっこう与えられたんですけど、結果が出なかったわけです。常時出ないから結果が出ない・・なんて甘えた考えは論外です。
とにかくあの守備ではプロでは使えません。練習してもセンスというものが左右しますからね。他の選手よりセンスがなくて下手だと思えば、他の選手の何倍も練習しないといけないのですが・・。

それにバッティングも全く上達しませんし・・。バッターと相手バッテリーは年々研究して弱点を見出したり、それを克服したりの繰り返しです。古木の場合は攻められるパターンが決まっており、それを克服できません。投手の失投に期待するしかありません。よく長打力が魅力と言われますが、バットに当たらないと話しになりませんし・・。
素質があるからプロ入りしたわけですけど、開花せずに引退する選手のほうがはるかに多いのです。古木も未完の大器で終ることになるのかな?

あと、パリーグに行けばDHという可能性がある・・という考えは甘すぎます。DHは文字通り打ってなんぼの商売ですから、穴の大きいバッティングでは通用しません。それにDHはモチベーションを維持するのが難しいそうです。DHは一人だけ守備につかないわけですから、いかに試合の雰囲気と流れをつかんで最高潮で打席に入るかが重要なんだと・・・これはロッテのレロン・リー選手が言ってました。DHは技術的にも精神的にも優れた選手でないと務まらないということでしょう。守備が劣るからDHで・・という考えは甘すぎます。

不満に想ってる間があったら、がむしゃらに練習すべきでしょう。
打撃に魅力がある小田嶋選手が内野手、吉村選手が外野手にコンバートするようです。
ポジション争いが激しくなるのは良いことです。
選手はそれに負けない気持ちを持たないといけません。
中日時代の星野監督が「闘志なき者は去れ」と言ってましたね。
選手は弱気になったら終わりです。チャンスは与えられるのを待つのではなく、自分でつかむものです。古木選手には来期が最後という気持ちで奮起してもらいたい。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

ベイスターズと選手の契約更改交渉をめぐる記事を読んでの雑感 2005/12/12 00:43:06 ◇ The South Tokyo Morning Blog
まあ、もめてますなあ。久しぶりにチームがAクラス入りしたにも関わらず、球団の業績が悪化したため球団側がシブチンになり、選手は思惑とおりに年俸がアップしないため保留者が続出している。また、複数年契約はしないと昨年言っていたにも関わらず、クルクルクル~ンとは
2005年の横浜ベイスターズを振り返る!! 2005/12/13 00:22:43 ◇ 神奈川密着!!地域密着型ブログ・ほしぞらの観える街
昨日12日(月)は、新聞休刊日に当たるという事で、ここを利用して、今年2005年の{/baseball/}横浜ベイスターズを振り返りたいと思います。まず結果から申し上げますと、69勝70敗7分、勝率.496、リーグ優勝を果たしたタイガースから17ゲーム差の第3位という事で、去年まで3年
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。