Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「TBSと楽天が和解?」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBSと楽天が和解? 

今日はスポーツ新聞も一般紙も「TBSと楽天が和解」という見出しが踊ってました。
両社の記者会見もありました。

しかし内容的には、まだ和解ではなく、両者が和解交渉に入るためのテーブルにつくことに合意した・・ということのようです。要するに、解決ではなく、これから話し合いましょう・・・というスタート地点ですね。
今までは平行線状態でしたから。経営統合案の白紙撤回と持ち株の約半数を銀行に信託することで議決権が行使できない・・・という楽天側が譲歩したことで話し合いを行うことにTBSも合意したのでしょう。

経営統合に関してはTBSは11月末に楽天にゼロ回答することが事前にわかっていました。そうなると楽天はTOBを仕掛ける強攻策に出る構えで、それに対してTBSは防衛策の発動・・・と一気に全面対決になると予想されていましたから。そうなると、楽天が失敗する可能性が高く、楽天が大きなダメージを受けることを懸念して銀行が仲裁役になったようです。

話し合いは とりあえず3月末までのようですから、まだまだ時間がかかりそうです。
プロ野球は開幕しちゃいますけどね。ベイスターズに関しては、TBSと楽天がどういう提携関係になるか、最終的に楽天が持っているTBS株をどうするかという結果によって派生する問題です。
持ち株比率が下がったところで、協約違反という問題は解決されませんからね。
ファンとしては今後も状況を見守るしかありません。

業務提携ってどういう形になるのかな?
TVショッピングに楽天コーナーが入る程度だったりして・・。
ネット社会では様々なニーズがありますから、TBSがいうように一社独占ではメリットよりデメリットのほうが大きいですからね。そして株は手放すように要請するんじゃないかな。でもそれじゃあプライドが高い三木谷氏は納得し難いでしょうね。交渉がうまくまとまらなければ、再び対決姿勢ということになるかもしれません。

今回の騒動で三木谷氏はせっかちだということはよく分かりましたが、昨年の球団の新規参入の時もそうでしたし、今まで何事も有力者に根回しすることで会社を大きくしてきたようですけど・・TBSに関しては強引でしたね。どうしても既存のメディアが欲しかったのでしょう。
TBS社長が言ってたように、三木谷さんは「北風と太陽」という童話を読んだことがないのでしょうかね? 私なんかその話は小学校1年生で習って、今でも肝に銘じてますけどね。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

『管理人のみ閲覧できます』
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/05(月) 22:56:43 | | さん #[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

少年の勇気 ~LOVE BASEBALL! FESTA 2005 に行ってきました~ 2005/12/07 00:19:16 ◇ スポーツつれづれ観戦日記
 プロ野球選手会主催とスカパーが主催した「LOVE BASEBALL! FESTA 2005」に行ってきました。 「今年のプロ野球であなたが最も感動した出来事」 「今年のプロ野球であなたが一番印象に残っているゲーム」をホームページで募集しており、応募した
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。