Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  日記 →  「TSUTAYAでレンタル」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSUTAYAでレンタル 

051117tsu02.jpeg野球シーズンが終るとテレビも自分的にはつまらない番組が多いから、仕事帰りにレンタルビデオを借りてくる日が増えてきました。

特撮、ホラー、怪奇、プロレスなんかが好きですから、自分にとってレンタルビデオ屋は宝の山です。

レンタルビデオ屋が登場したのは自分が高校生の頃でした。
その頃 ビデオデッキを持っているのはクラスで3~4人でした。
当時は録画用テープが一本1000円以上しました。

初期のレンタルビデオ屋といえば、怪しげなマンションの一室で営業しており、
揃えている本数は100本とか200本程度でした。
しかも大半はアダルトでしたし・・。
レンタル料金は定価の10%というのが相場でしたから、1泊2日で2000円前後でした。
当時の映画ビデオソフトは19,800円とか24,800円という価格が多かったですから。
ビデオ屋が増えてくると、定価の5%という店が登場し、次は900円均一、700円、580円、480円、380円・・・という具合にビデオデッキの普及とレンタルショップの増加で価格が下がっていきました。でもまだ品揃えが豊富な店舗は少なかったので、学生時代は大型店がある渋谷や新宿まで借りに行ってました。

自分にとってTSUTAYAのような大型チェーン店の登場は本当にありがたい。
その影響で小規模なショップはほとんど閉店に追い込まれましたけど・・。
貸出し期間も7泊8日というのが標準になりましたし、価格も300円前後に落ち着きました。しかもTSUTAYAでは頻繁に半額クーポン(旧作品対象)を発行してますから、150円前後で1週間楽しめます。
ソフトの価格も下がったとはいえ、一昔前では考えられない状況です。
でも米国のようにビデオソフトやDVDが安価なら
レンタルする必要もなく購入すればいいわけですけど・・。
日本はまだまだソフトの価格が高すぎます。

と、そんなこと色々想いながら・・今日も半額クーポン利用してDVD5本借りてきました。
いま、浪商の・・「鬼監督のヤマモトじゃ!2」を観てます。 051117tsu.jpg

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

返却不要レンタルビデオ 2005/12/20 17:55:55 ◇ 回覧板
レンタルビデオっておてがるで便利ですよね。だけど、ついつい返すの忘れたり、忙しくって返せなかったりして延滞料を払ったりすることもしばしば....。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。