Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  プロ野球 →  「ロッテがリーグ優勝」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッテがリーグ優勝 

プロ野球パ・リーグのプレーオフはロッテマリーンズがソフトバンクホークスを接戦の末破ってリーグ優勝を果たした。
やはりホークスは城島の欠場が攻守に響きました。
ロッテ31年ぶりの優勝おめでとうございます。

しかし正直釈然としない。昨年に続いてペナントレース2位のチームが優勝とはどう考えても納得できません。さらにこの制度では3位のチームが優勝する可能性もあるわけです。今年の3位はどんぐりの背比べで西武は首位に20ゲーム以上離され借金を背負っている状態です。それが最後のプレーオフでちょっと勝てば優勝なわけですから。
もちろんロッテや西武が悪いわけではありません。現行の変則プレーオフ制度が悪いのです。
とにかくルールに則って優勝したわけですから、ロッテの優勝に異議はありません。ただ野球ファンとして釈然としないわけです。ロッテファンは素直に嬉しいでしょうけど、プロ野球ファンとしては白けてしまうのです。

長いペナントレースがいかに大変かはファンも知っているでしょう。今のプレーオフ制度ではペナントレースの意味が軽視されています。がむしゃらに首位に出るよりも、戦力をセーブして2位や3位を目指した方がお得な制度です。
昔の前期・後期のプレーオフは条件は平等でしたし、どちらが勝ってもペナントレースを制したチームですから。
再来年からセ・リーグもプレーオフを導入するらしいですけど、ファンが納得できる制度にしなければなりません。

日本シリーズは短期決戦のイベントのようなものです。それよりも長いペナントレースを制してリーグ優勝することの方が大きな価値があります。なのにリーグ優勝が最後の2勝や3勝で決まってしまうとは・・。

自分は少年時代(大阪在住)はパリーグでは南海ホークスのファンでしたし、関東に引っ越してからはロッテオリオンズを応援してました。だからどちらのチームも優勝してほしい気持ちがあります。だからこそ納得できる制度にしてもらいたのです。

ラジオ(ニッポン放送)で前回優勝した金田監督も「トトカルチョみたいな制度でラッキーな優勝だ・・次は真の優勝を・・」とコメントしていました。

現行のパ・リーグのプレーオフ制度は営業面を重視した制度であって、一時的には盛り上がるかもしれませんが、このまま続けるとプロ野球の衰退を招くと思います。早急な改革を望みます。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします

ニッポン放送で実況していた松本アナが優勝の瞬間に泣き叫んでいたのが妙に可笑しかった。個人的な想い入れがあるのでしょうけど、プロのアナウンサーとしてはどうかな?人間味があっていいという意見もあると思いますけど、アナウンサーは冷静さが重要ですからね。それにホークスファンの気持ちも察してほしいですし・・。

胴上げも慣れてないから、3回目でバレンタイン監督の体が横になり失敗しましたね。でも松本アナは「バレンタイン監督が宙に舞う・・3回 4回 5回・・」って叫んでました。私のように映像見ながらラジオ聴く人もいますよね。ラジオだと実際より大げさに言うのが面白いですから・・。

それにしても31年ぶりとは久しぶりですね。前回は金田監督の昭和49年ですよね。今年40歳になった私が小学校3年生の時でした。

中学や高校時代にも優勝してロッテリアのシェークが100円だったのをよく覚えてますけど、あれは前期優勝とかだったんだよね。優勝の瞬間もスタンドはガラガラで解説者が「胴上げが見れますから、近所の皆さん今からでも見に来てくださいよ!」とか言ってました。その頃は山内監督だったですよね。プレーオフではあっさり負けてました。

川崎時代に比べれば現在の人気は凄まじいですよね。ファンも熱心ですし・・。ただし牽制ブーイングだけはいい加減止めないといけませんよ。最大のマナー違反でマリサポの唯一の汚点ですから・・。ファンも優勝にふさわしい応援をしてもらいたいです。
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。