スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田団長も星野ジャパンに苦言! 

五輪の日本選手団を率いる福田富昭団長が大会最終日となる24日、北京の日本選手団本部で総括会見を行った。

全般的には選手は健闘したと思うが、決して良かったわけではない、しかし悪かったわけでもない・・・
今後強くなるためには国としての支援が不可欠だということを強く訴えてました。

それと、一部の競技(野球、男子サッカー、マラソン)について苦言を呈しました。

要約すると・・・
団体競技は、各チームから強い選手を直前に集めて、ちょこちょこっと練習すれば勝てるという甘いものではない。やはりチームジャパンとして、平素からオリンピックチームを組織して、1年以上前から集めて、同じ釜の飯を食べて・・・強い連帯感を持って挑むべき。

それから、オリンピック選手は原則選手村に入らなければならない。特別扱いしてるということは大いに問題がある。調子が悪かったり、事故があっても情報が入ってこない。選手とコーチだけの話で、競技団体もはっきり情報を把握してない、こういう管理体制は問題である。全部選手村でチームジャパンという意識で情報を共有しながら、なにかあってもすぐ対処できるようにしなければいけないと思う。


・・・という具合に野球、男子サッカー、マラソン選手の特別扱いを批判しました。
全くおっしゃるとおりで、よく言ってくれたと思います。
福田富昭氏はレスリングの選手でしたよね。日本ではマイナースポーツなのに、五輪ではお家芸といわれるほどにメダルを獲得していた時代に活躍してました。引退後は各競技の普及と向上、環境改善などに取り組んでいます。そんな彼からすると、恵まれた環境で厚遇を受けたあげく、結果がでない・気迫も無いでは日本代表としての自覚に欠けると感じるのも当然でしょう。
マラソンは論外ですよね。男女ともエースが調整に失敗して直前に欠場・・・補欠も準備していない・・・出場した残りの選手も実は以前から故障していたとは呆れました。

日本代表として五輪に挑むことに対する認識の甘さ、最高級ホテルに宿泊するなどの厚遇が当然と思い込んでいる選手の驕りなど猛省を促したい。

↓続きを読む

スポンサーサイト

北京五輪終了 

史上最大規模の北京オリンピックは24日に閉会式が行われ盛大に幕を閉じました。
国家の威信をかけた派手な五輪でした。
表面的には『大成功』ということになるでしょう。
報道の自由という約束は最後まで果たされなかったらしいが、
報道規制によって不都合な面は見せないことで成功に導いたのでしょう。
世界のメディアが去った後で、色々と問題も出てくると思うが、
そこをどう導くかで本当の意味で成功かどうかが決まってくるでしょう。

今大会のメダル争いは、金メダルでは米国の36個を大きく上回る51個を獲得した中国が第一位。
メダル総数では110個の米国(中国は100)という結果でした。
これは開催国として国策で選手強化した結果だから当然でしょう。

日本は金9個、銀6個、銅が10個と合計25個のメダルを獲得。
前回のアネテ大会の金16個に比べれば大きく下回ったわけだが、
多くの選手は精一杯戦ったと思う。
でも国の経済力などから考えれば、もっと獲得していなければならないと思う。
各競技団体の組織の問題、選手の精神面や意識の問題、国の支援など課題が山積です。

全体的な印象としては、女子の大健闘、男子の不甲斐なさが目立ちました。
特にソフトボール、女子サッカー、女子柔道、女子レスリングなど感動しました。
それとは対照的に野球と男子サッカーの屈辱的惨敗、男子柔道の不振が国民の心証を害しました。
スポーツ好きとしてはそれなりに楽しめましたが、野球ファンとしては失望感が大きく残った五輪でした。

 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村

ソフトボールで日本が金メダル(北京五輪) 

北京オリンピックのソフトボールは、日本vs米国で決勝戦が行われ、
日本が米国を3-1で破り悲願の金メダルを獲得しました。

20日の準決勝(対米国)と3位決定戦(対オーストラリア)で
計318球を投げた上野由岐子が完投勝利しました。

☆ソフトボール日本代表 金メダルおめでとう

全般に打線が不調ながらも粘って勝ち進みました。
準決勝、3位決定戦とタイブレークによる延長も凄まじい粘りと精神力で突破しました。
優勝の瞬間は解説者の宇津木妙子さん(元日本代表監督)も泣いて声になりませんでした。
五輪でのソフトボールは今大会が最後になります。
表彰式後は1~3位のチームが一丸となって2016年に競技復活のアピールをしました。

本当によく頑張りました。
野球の星野ジャパンのメンバーも彼女らの気迫を見習ってほしものだ。

 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村

北京オリンピック開幕 

北京オリンピックが開幕しました。
8月8日の午後8時(日本時間:午後9時)に開始された開会式は4時間を超える壮大なものでした。

開会式については・・・
「素晴らしかった」「感動した」というような賞賛の声と
「長過ぎる」「赤い国らしい自己中心的演出・・」など賛否両論があるようです。
どう感じるかは人それぞれ違うでしょう。
自分としては、長過ぎてウンザリしました。
暑い中、長時間立たされていた選手達は大変だったと思う。

どの競技も世界レベルの試合が観れるわけだから、
スポーツ好きの自分としては適当に楽しみたいと思う。
だだ、当然ながら日本国内では日本選手中心のTV放送になります。
自分としては色々な国の選手を観てみたいのだが・・。
どの選手も国民の期待を背負っているのだから、
悔いの無いように全力プレーで挑んでいただきたいと思います。

↓続きを読む

横浜国際女子駅伝 

070225h1.jpg大さん橋に船を見に行こうとしたら、ちょうど横浜国際女子駅伝をやってました。

山下公園前の通りも通行止めになっており、道路も渡れないので暫らく見物しました。
070225h2.jpg横浜赤レンガ倉庫と横浜八景島を往復するコース(6区間、42・195キロ)です。

海外6チームを含む14チームが参加して行われました。
070225h3.jpg大桟橋で客船(プリンセス・ダナエ)を見た後駅伝ゴールの赤レンガ倉庫に移動。

ちょうど表彰式の最中でした。
日本は2時間16分7秒で2年連続の3位。地元・神奈川選抜は2時間24分57秒の14位でした。
優勝は2時間14分48秒をマークしたロシアでした。

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします

サムライブルーパーク閉館 

060623h2.jpg本日、通りすがりに赤レンガ倉庫に立ち寄りました。
5月28日に横浜の赤レンガ倉庫にワールドカップ日本代表応援基地としてオープンしたサムライブルーパーク「キリン サポーターズ ステーション」が本日で閉館しました。
勝ち進み具合によって7月中旬までオープンする予定でしたが、残念ながらグループリーグ敗退によって、早仕舞いとなってしまいました。
屋外のビアガーデンは既に無く、広場は閑散としていました。
屋内では余った大量の“うちわ”を配ってました。


060623h4.jpgドイツへ届けられた応援メッセージは7万通を超えました。

060623h3.jpg開催中は入場制限されるほど賑わっていたグッズ売場もドイツ料理コーナーも閑散としていました。

サッカーミュージアムも以前は混雑して展示物を見るのも困難でしたが、今日はのんびり見学できました。

060623h6.jpg日本チームの残念な結果により早仕舞いです。
前大会は決勝戦が横浜で開催され、日本の決勝トーナメント敗退後も街は賑やかでしたけど、今回は寂しいですねえ。
これが日本の実力ということを受けとめて、
この経験を次に繋げていただきたいと思います。

060623h1.jpgフットサル場は子供の遊び場としては良かったです。
夏休みまで残してほしい気もしますけどね。

今日は寝不足の人も多いんじゃないかな?
とにかく終わりました。
奇跡を信じて応援したみなさん・・お疲れ様でした。

↓オープン時の記事はこちら
http://yokohama59.blog10.fc2.com/blog-date-20060528.html

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします

サムライブルーパーク/横浜・赤レンガ倉庫 

SAMURAI BLUE PARK
060528h1.jpgサムライブルーパークがワールドカップ オフィシャルファンパークとして横浜の赤レンガ倉庫イベント広場に開設されました。
ドイツ・ボンに設置される「G-JAMPS」と連携し、日本における日本代表チーム応援の前線基地となります。ここで集められたメッセージは毎日ドイツのG-JAMPSに送られるそうです。
5月27日に開会セレモニーが行われ、28日から一般公開が始まりました。初日は午前中からの雨も午後には上がり、たくさんの人々が訪れました。

開催日程 : 2006年5月28日(日)~
※終了時期は日本代表チームの勝ち上がりによる。
開館時間 :【平 日】13時~21時【土日祝】11時~19時
開催場所 : 横浜・赤レンガ倉庫内イベント広場B
入場料 : 無料

交通手段
電車:JR・市営地下鉄 桜木町駅から汽車道を徒歩15分。
みなとみらい線 馬車道駅または日本大通り駅 徒歩6分、みなとみらい駅 徒歩12分。
船:シーバス 横浜駅東口、みなとみらい、山下公園より乗船し「ピア赤レンガ」下船。
バス:周遊バス“あかいくつ”で「赤レンガ倉庫」下車。

060528h2.jpg「KIRIN SUPPORTERS' STATION」
オフィシャルスポンサーでもあるキリンビールと提携して、赤レンガ倉庫イベント広場に約30m四方の大型のテントを設置し、その中でさまざまなイベントが開催されます。

060528h3.jpg屋内では日本代表関連の映像が流されています。
ただし、パブリックビューイングは行いません。
選手のパネルの前で記念撮影もできます。

060528h4.jpgKIRIN SAMURAI BLUE BARによるドイツ料理の提供。
ビールはもちろんキリンビールですけど・・。
グッズコーナーは入場制限されるほど盛況でした。

060528h5.jpg日本サッカーミュージアムからの展示。
歴代ユニフォームや公式球などを展示しています。

060528h6.jpgフットサル イベントスペース
屋外エリアではフットサル場を設置しています。
ここでも様々なイベントを計画中だそうです。


↓イベント等の詳細はサムライブルー公式サイトで
http://www.samuraiblue.jp/

人気blogランキングへ
↑よろしかったら クリックをお願いします

↓続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。