スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍ジャパン WBC 2連覇達成! 

第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)の決勝、【日本 vs 韓国】が24日(日本時間)、米国ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われ、日本が延長戦の末、5-3で韓国を破り、2連覇を達成しました。

3/24 韓国 3-5 日本 (ドジャー・スタジアム)
日本 001 000 110 2 =5
韓国 000 010 011 0 =3

勝:ダルビッシュ  負:林昌勇 S:-
本塁打:[日本] -  [韓国] 秋信守2号
投手:[日本] 岩隈、杉内、ダルビッシュ
    [韓国] 奉重根、鄭現旭、柳賢振、林昌勇


侍ジャパン V2 おめでとうございます

重苦しい試合でした。日本は再三の大チャンスにあと1本が出ず・・・リードはするものの2度も追いつかれる展開でした。それでも投手陣が踏んばり、韓国にリードを許すことはありませんでした。
同点の延長10回・・最後に決めたのはやはりイチローでした。今までの不振を帳消しにする一打でした。なんだか最後の最後に美味しいところ持って行った感じで、イチローのためのドラマみたいでした。
岩隈の好投が光りましたし、内川は打撃でも守備でも大活躍でした。
とにかくチーム全員で勝ち取った栄冠です。

★ワールド・ベースボール・クラシック (NPB公式サイト)

↓よろしかったら、クリックをお願いします
 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村
スポンサーサイト

日本、米国に逆転勝利で決勝進出/WBC 

WBCの準決勝 【日本 vs 米国】 が23日(日本時間)、米カリフォルニア州のドジャー・スタジアムで行われ、日本が9対4で米国に逆転勝ちを収めました。
日本は明日韓国と決勝戦を行います。

3/23 日本 9-4 米国 (ドジャー・スタジアム)
勝:松坂  負:オズワルト  S:-
本塁打:[日本] -  [米国] ロバーツ1号
投手:[米国] オズワルト、グラボー、ハウエル、ソーントン、ハンラハン、シールズ
    [日本] 松坂、杉内、田中、馬原、ダルビッシュ


今日は先発の松坂が先頭打者HRを打たれるなど本調子ではありませんでしたが、打線の援護があり逆転勝利となりました。今まで投手力で勝ち進んできたわけですが、投手が打たれた時に打線が活発になるというのは投打の歯車としてはいい感じになってきました。ただ、イチローは相変わらずトップバッターの役割が果たせません。今日も最終打席で適時打が出ましたが、彼には試合がほぼ決定した後の一打ではなく、苦しい時に突破口となる打撃を期待したいのですが、もう残り1試合となりました。せめて決勝戦だけでも活躍していただきたいと思います。

とにかく決勝戦まで来ました。韓国とは今大会5度目の対戦です。
トーナメントで同じ国と5回も当たるって制度も問題だと思いますけどね。
勝って雪辱を果たしましょう。

★ワールド・ベースボール・クラシック (NPB公式サイト)

↓よろしかったら、クリックをお願いします
 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村

日本、韓国を下し1位通過で準決勝へ/WBC 

WBC2次ラウンド1組の第6戦(順位決定戦)韓国vs.日本がペトコ・パークで行われ、日本が6対2で韓国に逆転勝ちを収めました。
これで日本は1組1位となり、23日に行われる準決勝第2試合で、2組2位の米国と対戦することが決定しました。

3/20 韓国 2-6 日本 (ペトコ・パーク)
勝:涌井  負:呉昇桓 S:-
本塁打:[日本] 内川1号  [韓国] 李机浩3号
投手:[日本] 内海、小松、田中、山口、涌井、馬原、藤川
    [韓国] 張ウォン三、李承浩、李在雨、呉昇桓、金廣鉉、林泰勲


お互いに準決勝進出は決まっているわけだが、日本は韓国に負け越しているので、プライドとして負けが許されない状況でした。
7回までは重苦しい雰囲気でしたが、やはり投手陣が踏ん張ったことが勝利に結びついたと思います。
打撃陣では青木の活躍が目立ちました。内川の同点弾も大きかったと思います。
残念なのは村田が4回に安打を放った直後に太ももの肉離れを起こして離脱したことです。代わりに広島の栗原が召集されることになりました。

不振のイチローは最終打席に2塁打を放ち得点に結びついたが、昨日と同様に勝利がほぼ決まって気楽な場面でやっと出た安打でした。苦しい場面での好機では今日もブレーキになりました。トップバッターとしてはいまだに機能していないし、原監督は彼に(遠慮して)送りバント等のサインは出せないようですし・・・打順下げたりスタメンを外すこともできないし・・。本人が一番辛いでしょうけど、チームとしても困ったことです。チーム全体で彼の不振をカバーしなければなりません。

なんだかんだ言っても準決勝まできました。もうひとガンバリです。

★ワールド・ベースボール・クラシック (NPB公式サイト)

↓よろしかったら、クリックをお願いします
 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村

日本、キューバを再び完封/WBC準決勝進出決定! 

WBC 2次ラウンド1組 第5戦、【キューバ 対 日本】が19日(日本時間)米国ペトコ・パークで行われ、日本が5-0で完封勝利を収めました。
これにより日本は準決勝進出を決め、キューバは2次ラウンド敗退が決まりました。
日本は明日、2次ラウンド1組の順位決定戦として韓国と4度目の対戦を行います。

3/19 キューバ 0-5 日本 (ペトコ・パーク)
勝:岩隈  負:マヤ  S:杉内
本塁打:[日本] -  [韓国] -
投手:[日本] 岩隈、杉内
    [キューバ] マヤ、Y・ゴンザレス、ヒメネス、N・ゴンザレス、ガルシア、ベタンコート


岩隈、杉内の完封リレーが光りました。
打線は序盤は重苦しい雰囲気でした。
青木の牽制死とか村田が犠飛を打てないとか・・・同じ失敗を繰り返してましたから。
相手の落球で救われ、以後は日本ペースになりました。
イチローは2安打で、彼が打てば得点に繋がりました。でも日本ペースになってから安打が出たわけで、序盤では送りバントも失敗するなど彼らしくない場面が続きました。マスコミでは“復調の兆し”とか言ってますけど、準決勝に進む段階で“兆し”とかいう次元では困りものですけどね。原監督は彼を信じてトップバッターで使い続けるでしょうから、しっかり戦力になっていただきたいと思います。次はまた韓国戦ですから、豪語したことは実行してください。

明日は順位決定戦とはいえ、韓国には勝っておかないと、たとえ日本が優勝しても前回のように「韓国のほうが多く勝ったから実力は俺達が上」 とか イチャモン付けられますから。

★ワールド・ベースボール・クラシック (NPB公式サイト)

↓よろしかったら、クリックをお願いします
 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村

日本、再び韓国に惨敗!・・WBC 

WBC2次ラウンド1組の第4戦、韓国vs.日本が18日(日本時間)、米国ペトコ・パークで行われ、日本は韓国に1-4で敗れました。
これで韓国は準決勝への進出が決定。一方の日本は明日行われるキューバとの敗者復活戦に回ることになりました。

3/18 韓国 4-1 日本 (ペトコ・パーク)
勝:奉重根  負:ダルビッシュ  S:林昌勇
本塁打:[日本] -  [韓国] -
投手:[日本] ダルビッシュ、山口、渡辺、涌井、岩田、田中
    [韓国] 奉重根、尹錫ミン、金廣鉉、林昌勇


1次ラウンド決勝戦で完璧に抑えられた奉重根をまたも打ち崩すことができませんでした。短期決戦で同じ投手にやられていたのでは勝ち進むことはできません。
日本は投手力で何とか凌いできたのですが、今日は頼みのダルビッシュが立ち上がりの制球難で初回に3失点・・・接戦が予想されていたので、1回で勝負あった感じです。
打線は相変わらず湿りがちで拙攻の連続でした。
1~3番打者が無安打では繋がらないでしょう。
この時点で大半の野手がエンジンが掛からない状態では今回は厳しいと思います。
わりと好調だった中島が体調を崩して連続欠場では話になりません。

雪辱を果たすどころか屈辱の上塗りになってしまいました。
神聖なマウンドに韓国国旗を立てるという行為をまたも許してしまいましたね。
評論家は、技術的には日本が上だが気迫で負けた・・・とか毎度同じセリフを言ってますが・・。
日本が気迫で勝てるわけないでしょう。元々反日感情が高いのに、前回イチローがケンカ売ったことでさらに韓国の闘志に火をつけたわけだから。豪語したイチローがこの成績じゃあ無理ですよ。次はやってくれると信じる・・・とか言う人は多いけど、短期決戦で復調を待っている猶予はないんですけどね。外すか打順組み替えたほうがイイと思いますけどね。

でも国際舞台では何が起こるかわかりませんから、
奇跡が起こることを願いましょうか。

★ワールド・ベースボール・クラシック (NPB公式サイト)

↓よろしかったら、クリックをお願いします
 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村

キューバに完封勝ち!・・・WBC 

第2回ワールドベースボールクラシック2次ラウンド1組の初戦、キューバvs.日本が16日(日本時間)、米国サンディエゴのペトコ・パークで行われ、日本が6対0でキューバに快勝しました。

3/16 キューバ 0-6 日本 (ペトコ・パーク)
勝:松坂, 負:チャプマン, S:-
本塁打:[日本] -  [キューバ] -
投手:[日本] 松坂、岩隈、馬原、藤川
   [キューバ] チャプマン、N・ゴンザレス、ヒメネス、Y・ゴンサレス、マヤ、ウラシア、ガルシア


剛速球投手として話題になっていたチャプマンですが、懸念されていた制球難のほうが現れて自滅状態でした。一方の日本投手陣は松坂が絶好調で、2番手以降も見事な継投でした。
打撃陣も青木、村田らが働きました。
気になるのはやはりイチローで、今日も無安打で、守備でも落球したりと精彩がありませんでした。
トップバッターが不振なのは困ったことです。
方々で指摘されているように衰えなのかな?
まあ日本は個人じゃなくてチーム野球だから・・・次も期待しましょうか。

日本は18日(日本時間)に韓国と準決勝進出を懸けて戦うことになりました。

今日は朝5時から生中継観たので眠いです。

★ワールド・ベースボール・クラシック (NPB公式サイト)

↓よろしかったら、クリックをお願いします
 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村

WBC 日本、韓国に敗れA組2位で通過! 

ワールドベースボールクラシック(WBC)1次ラウンドA組の決勝、日本vs.韓国が9日、東京ドームで行われ、日本は0-1で韓国に破れA組2位での通過となりました。
15日(日本時間16日)から米国・サンディエゴで行われる2次ラウンド1組の初戦で、1次ラウンドB組1位と対戦することが決まりました。

3/9 日本 0-1 韓国 (東京ドーム)
勝:奉重根, 負:岩隈, S:林昌勇
本塁打:[日本] -  [韓国] -
投手:[韓国] 奉重根、鄭現旭、柳賢振、林昌勇
    [日本] 岩隈、杉内、馬原、ダルビッシュ、山口、藤川


今日は予想通りの接戦となりましたが、相手の走塁ミスが目立ち、
もっと点を取られていてもおかしくない内容でした。
それにしても韓国によく負けますね。
やはり、相手投手の調子が良いと日本打線はつながりません。
唯一の得点チャンス(一死3塁)も4番村田、5番稲葉の凡打で逃したのが最後まで響きました。
期待が大きかった岩村、稲葉、小笠原はいまだにエンジンがかかりませんし・・。
投手陣は全体的には役目を果たしたと思うが、
先頭打者への四球でピンチを迎える展開はいただけません。

結果は事実として受けとめて、気持ちを切り替えて2次ラウンドに挑んでください。
今夜すぐ米国へ出発だそうです。
初戦で強豪キューバと当たることは ほぼ確実でしょう。
この先も難関が続きますけど、とにかくガンバレ!

★ワールド・ベースボール・クラシック (NPB公式サイト)

↓よろしかったら、クリックをお願いします
 ←人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ ←にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。