Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  横浜ベイスターズ →  「セリーグ終盤・・・優勝争いにタイトル争い」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリーグ終盤・・・優勝争いにタイトル争い 

プロ野球セリーグは残り試合わずかとなり、
優勝争いも各種タイトル争いも過酷になってきました。
本日の巨人vs横浜は8-4で横浜の勝ち。
いまごろになって やっと巨人に5勝目です。

巨人としては負けられない試合だけど、
横浜ファンとしての注目はラミレスと村田の本塁打王争いです。
さっそくラミレスが単独トップとなる44号を放つと・・・
直後に村田も44号で追いつく・・・
ここまでは見ごたえがありましたが、
この後は横浜側がラミレスを全打席敬遠(捕手は座ったまま)でこの日は終わりました。

当然場内は大ブーイングです。
これは(試合後のコメントで)大矢監督の指示によるものだったようです。
これでまた大矢監督に批判的な連中が鬼の首でも取ったように叩くでしょうね。
「正々堂々と勝負しろ」・・とか
「そんなことしてタイトル獲って嬉しいのか」・・とか
そんな正義ぶった青臭い物言いはいりません。
そんなこと言う者は人生経験が不足しているのです。
目くじら立てるほどのことではありません。

結果がすべて、数字がすべてのプロの世界でタイトル獲得は非常に大きいのです。
ブーイングはその日で終わりますが、タイトルは永遠に球史に残るのです。
その記録にファンの感情的な価値など関係ないのです。

自分が悪者になろうともタイトルを獲らせたいという親心・・・
それも大矢監督らしくていいと思います。
色々言いたい奴等には好きに言わせておけばイイと思います。

もちろん両者敬遠などしないのが理想ですが、
人間ですから接戦となれば色々な手段を考えるのも自然なことです。
敬遠作戦もよくあることです。
ファンの心情無視とも言われますが、心情で飯は食えません。
高校野球(学校教育活動の一環)とは違うのです。

まあ、こうなる前の余裕がある時期に差を開いておけば済むことなのですが・・

ラミレスはチームが優勝争いをしているのに対して
村田はチームの勝利は関係なく開幕当初から全打席自由に打てるのです。
昨年の本塁打王獲得の時も周囲に迷惑かけて本人も苦い想いをしましたよね。
今年も監督やチームメイトに余計な気を使わせてます。
ここまでチームに迷惑かけてるんだからタイトルを獲ってくださいな。

正直、私はラミレスの方が好きですし、人間的にも尊敬できますので、
ラミレスにタイトルを獲ってもらいたいとも想ってます。
分け合うのも良いが、野球ファンとしては単独で決着してほしいとも想う。
残り試合で両者とも狙ってください。
残り試合数では村田の方が有利だが、阪神戦が2試合あり、相手は必死で挑んでくるでしょう。
巨人は残り2試合が何の目標もないヤクルトですから、ラミレスにもチャンス有りです。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ ←にほんブログ村
 ←人気ブログランキング
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

『』
ラミレスはそんなに気にしちゃいないですね。打点王はほぼ確実だし、優勝争いしてるわけで。
そこまでの広さがあるから日本で結果出せるわけ。
村田がタイトル取っても周りは冷めた目でみるだけ。ラミレスは優勝すれば、優勝チームの4番というタイトルを手にしますし、評価しない人間はいないでしょう
2008/10/10(金) 07:08:39 | URL | フリーダイヤルさん #-[ 編集]
『』
拝見させていただきました!
応援ポチッ!!!
2008/10/10(金) 19:41:37 | URL | サトシさん #-[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。